Niche Phone S+ショートレビュー

Niche Phone S+はカード型ガラケーとしてコンセプトとしてはとても魅力を感じます。このスマホ時代、全く逆行していますが、スマホ=消費者向けだと理解すると、自分で考える時間を与えてくれる特別な存在だと思います。

Niche Phone S+外観

サイズはマウスよりも小さく、非常にコンパクトです。キーパッドは、シートタイプですが、押し込みのクリック感は満足いく感触です。

Niche Phone S+ マウスと比較
Niche Phone S+ マウスと比較

有機ELディスプレイがクールです。充電をするためには、写真左側の専用アタッチメントが必要です。Niche Phone S(4G)のものも利用できます。もし、以前Niche Phone S(4G)を利用していたユーザーは充電用のアタッチメントをNiche Phone S+でも利用できるため安心です。

Niche Phone S+ 専用アタッチメント
Niche Phone S+ 専用アタッチメント

マットなデザインですが、皮脂がつきやすく汚れが気になります。

Niche Phone S+ 背面
Niche Phone S+ 背面

SIMスロットです。SIMの取り出しが非常に難易度が高いため、注意が必要です。

Niche Phone S+ SIMスロット
Niche Phone S+ SIMスロット

メニュー構成などもNiche Phone S(4G)と同じように見えます。

Niche Phone S+メニュー画面
Niche Phone S+メニュー画面
Niche Phone S+メニュー画面
Niche Phone S+メニュー画面

設定画面でAPN設定などを行うことができます。

Niche Phone S+ APN設定
Niche Phone S+ APN設定画面

日本語文字入力はどうなの?

Niche Phone S+には、富士ソフトのFS KARENが搭載されています。もともと長い文章を入力することはないと思いますが、地名などはスムーズに予測してくれます。

Niche Phone S+文字変換サンプル
Niche Phone S+文字変換サンプル

上下▲▼キーを利用し、変換候補を選択します。

Niche Phone S+変換候補選択
Niche Phone S+変換候補選択

電話するステップが結構かかる

電話の発信をするまでに3ステップかかります。(1)電話帳から候補を開く、(2)OKを押す、(3)OKを押すというステップです。

この煩わしさは、良く掛ける連絡先を「スピードダイヤル」で登録しておくことで解決されます。スピードダイヤルは、2,3,4,6,7,8,9のボタンに連絡先を割り当て、長押しすることで直接発信する機能です。

Niche Phone S+ スピードダイヤル
Niche Phone S+ スピードダイヤル

SIMカードを試してみた結果

Niche Phone S+とahamo(アハモ)

APNはドコモのSPモードががプリセットされており、それを選択するだけで設定は完了です。音声通話(VoLTE)の発着信、SMSも問題ありませんでした。アンテナピクトの右にある「V」の表示がVoLTEが有効になっていることを示しています。

Niche Phone S+をahamoで試す
Niche Phone S+ ahamoでの利用

Niche Phone S+とpovo

APNは登録されていないため、自分で新規の登録が必要です。

Niche Phone S+ APN設定
Niche Phone S+ APN設定画面
povoのAPN設定
名前:povo
APN:povo.jp

APNを登録したら、登録したAPNを選択します。

Niche Phone S+ APN選択
Niche Phone S+ APN選択

データ通信が可能になります。VoLTEを有効にするためには一度端末の再起動が必要です。VoLTEを意味する「V」の表示がアンテナピクトの横にされていない場合は、Niche Phone S+を再起動してみてください。

Niche Phone S+ povoでの利用
Niche Phone S+ povoでの利用

povoの場合、プラチナバンドのBand 18/26がサポートされていないため、Band 1/3での利用になります。少し電波が弱い感じのアンテナピクトの表示(バー2本)になっています。通話は全く問題ありませんでした。

山間部で試したところ、圏外でした。やはりauのプラチナバンドに対応していない点が原因と考えられます。圏内に移動した場合は、再びVoLTEが有効になり、再起動などは不要でした。auのプラチナバンドに対応していない点が残念です。

Niche Phone S+と楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)

一応試してみました。写真がなくて申し訳ありません。試してみたところ、アンテナピクトまでは表示されるものの、VoLTEのIMS設定がされていないのか、「V」表示がされず、発信できませんでした。そのため、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)とNiche Phone S+では使えないと考えたほうがよさそうです。

mineo Sプラン

mineoのSプラン(マイそく)で利用してみました。データ通信を利用(テザリングを利用)する場合APN設定が登録されていませんので、APNの登録が必要になります。

mineoのSプランのAPN設定
名前:mineo
APN:mineo-s.jp
ユーザー名:mineo@k-opti.com
パスワード:mineo
認証タイプ:CHAP

アンテナアイコンには「V」の表示がされ、VoLTEの利用が可能です。

Niche Phone S+ mineo Sプラン
Niche Phone S+ mineo Sプランとの組み合わせ

テザリングも試しましたが、「マイそく」なかなか利用価値があるなと思いました。最大1.5Mbpsとのことですが、PCへのテザリング時もWebページ表示はそれほどストレスありません。(平日の12時-13時は32kbpsのため、利用できないけど・・・)

Niche Phone S+対応バンド

ガラケー(フィーチャーフォン)としては、比較的対応バンドが多いNiche Phone S+ですが、こちらが対応バンドとなります。

GSM:900 (B8) / 1800 (B3)
WCDMA:800 (B6) / 900 (B8) / 2100 (B1)
FDD:800 (B19) / 900 (B8) / 1800 (B3) / 2100 (B1)

上記スペックより、ドコモ回線、ソフトバンク回線での利用で快適な利用が可能になります。

格安プラン、格安SIMなら、こちらのSIMカードがおすすめです。
・5分かけ放題+20GBの高速データ通信が利用できるahamo

ahamo(アハモ)

・LINEMOミニプランなら月額990円でLINEし放題、PayPayポイント還元で半年間実質無料

LINEMO(ラインモ)

・OCNモバイルONEで550円からスマホが使える!10分無料通話付き

OCNモバイルONE

・ドコモ回線が音声付なっとくプラン3GBが、税込980円!

LIBMO

文字表示はどう?

見づらいといえば見ずらいですが、ディスプレイサイズがこのサイズなので、妥協する点だと思います。

Niche Phone S+フォント表示
Niche Phone S+フォント表示

少々気になる点は、日本語フォントがCJKフォント(中国語、日本語、韓国語共通フォント)を利用している点で、例えば連絡先の「絡」という字の糸へんが共通フォントの表示になっています。

Niche Phone S+フォント表示
Niche Phone S+フォント表示

結論としては、気にするほどではないといったところです。

電池持ちはどう?

電池持ちは悪くないと感じています。1,000mAhバッテリーを搭載し、着信などしない状態で待機する分には2日以上余裕です。通話した場合の減り具合などは別途試してみたいと思います。

Wi-Fiテザリングはどう?

povo 2.0のSIMを挿した状態で、PCとのテザリングを試したところ、快適にインターネットができました。バッテリーが1,000mAhのため、パソコンにUSBケーブルを接続し、充電アタッチメントを付けて、充電しながらの利用がおすすめです。

機内モードの位置が独特!

機内モードは、設定メニューの中の、着信音設定の中に組み込まれています。わかりづらいですね。

Niche Phone S+ 着信音設定
Niche Phone S+ 着信音設定
Niche Phone S+ 機内モード設定
Niche Phone S+ 機内モード設定

まとめ

Niche Phone S+は、その名の通り本当にニッチな商品ですが、スマホは情報端末として利用、Niche Phone S+は通話、SMS認証用に利用するといった、メリハリのある使い方にはピッタリな製品だと思います。

対応回線はドコモ系、ソフトバンク系の回線で利用可能です。キャリア、ahamo、Ymobile、LINEMO、その他格安SIMで利用することができるため、今使っている回線が対応回線ユーザーは、連絡用になど利用を試してみてはいかがでしょうか。

もちろんスマホなしで、このNiche Phone S+のみで過ごすといった利用方法も全然ありだと思います!

しむまる
しむまるhttps://takasam.net
2000年以前から携帯電話好きで、2008年からはスマートフォンに興味を持ち、多数の機種を触ってきたスマホオタクです。 SIMカードにも知識があり、SIMカードのカスタマーサポートも経験。現在はフリーランスでSIMカードやIoTデバイスの検証、カスタマーサポートをやっています。

Comments

返信する

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular