Unihertz Jelly 2を買ってしまった

みなさんこんにちは。

昔から小さい端末が好きで、Jelly Proや、Atom、ちょっと大きくなってしまいましたがAtom Lと使ってきました。

Atom Lを使ったとき、やはり少し大きく、重たいと感じました。

私にはやはり、サイズ感としてらAtomくらいがいいのかなと思いました。

そこで、今回ディスプレイサイズが3インチのJelly 2を購入しました。

サイズ感はミニ端末としては丁度いいです。Rakuten Miniも持っていますが、それよりもホールド感もあり使いやすい印象です。

重量は110gと、スマホとしてはかなり軽量です。

背面が光沢タイプですが、それもあってか、グリーンのカラーリングが映えています。

Atomとの比較です。

若干大きくなりましたが、そのためもあり、操作性が良くなりました。

画面下のハードウェア操作ができるボタンも、今となっては珍しいですね。

画面は確実に見やすくなっており、Atomユーザの乗り換えも満足できるのではないでしょうか?

今回は楽天モバイルのRakuten UN-LIMITもサポート

楽天モバイルのSIMカードも、APNがプリインストールされており、購入後すぐに設定無しで利用できます。

残念な点は、

Wi-Fi接続時に相手先に非通知設定と表示される点

楽天回線エリアでも、パートナー回線が優先になることがある点

です。

Cellinfo というアプリを使い、バンドを確認しました。私は楽天回線のバンド3のエリアに住んでおりますが、見たところ、バンド18を掴んでおり、パートナー回線に繋がってます。

上記以外は問題なく利用できます。

Atomからの乗り換えで考慮すべき点は?

防水仕様でない点です。

防水は安心できたと振り返ります。

Atomからの乗り換えで良かった点は?

画面が操作しやすい点が一番だと思います。

パフォーマンス

また、CPUも高性能なMediaTek Helio P60が採用されています。これは、Atom Lに入っているものと同じです。

AnTuTuスコアでは、約16万点を叩き出しています。

パフォーマンスの面でも、Atomより大きな進歩と言えます。

SDカードに対応

microSDカード最大256GBに対応します。

Atomでは利用できなかったので、これも進歩と言えます。

楽天モバイルのSIMカードに対応

これはとても評価できる点だと思います。

APN設定不要で、Rakuten Linkを設定すれば無料通話、SMSが利用できます。

ただし、必ず楽天回線につながるわけではないことと、Wi-Fi接続時の発信は、非通知設定と相手側に表示されることは注意が必要です。

povoも使えた!

KDDIのpovoも設定無しで、使えました。音声通話もVoLTEの利用が可能です。


これからサブ機として、こちらを携帯していきたいと思います。新たな魅力を見つけたら、また紹介します。

今回もご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です