みなさんこんにちは。

昔から小さい端末が好きで、Jelly Proや、Atom、ちょっと大きくなってしまいましたがAtom Lと使ってきました。

Atom Lを使ったとき、やはり少し大きく、重たいと感じました。

私にはやはり、サイズ感としてらAtomくらいがいいのかなと思いました。

そこで、今回ディスプレイサイズが3インチのJelly 2を購入しました。

サイズ感はミニ端末としては丁度いいです。Rakuten Miniも持っていますが、それよりもホールド感もあり使いやすい印象です。

重量は110gと、スマホとしてはかなり軽量です。

背面が光沢タイプですが、それもあってか、グリーンのカラーリングが映えています。

Atomとの比較です。

若干大きくなりましたが、そのためもあり、操作性が良くなりました。

画面下のハードウェア操作ができるボタンも、今となっては珍しいですね。

画面は確実に見やすくなっており、Atomユーザの乗り換えも満足できるのではないでしょうか?

今回は楽天モバイルのRakuten UN-LIMITもサポート

楽天モバイルのSIMカードも、APNがプリインストールされており、購入後すぐに設定無しで利用できます。

残念な点は、

Wi-Fi接続時に相手先に非通知設定と表示される点

楽天回線エリアでも、パートナー回線が優先になることがある点

です。

Cellinfo というアプリを使い、バンドを確認しました。私は楽天回線のバンド3のエリアに住んでおりますが、見たところ、バンド18を掴んでおり、パートナー回線に繋がってます。

上記以外は問題なく利用できます。

Atomからの乗り換えで考慮すべき点は?

防水仕様でない点です。

防水は安心できたと振り返ります。

Atomからの乗り換えで良かった点は?

画面が操作しやすい点が一番だと思います。

パフォーマンス

また、CPUも高性能なMediaTek Helio P60が採用されています。これは、Atom Lに入っているものと同じです。

AnTuTuスコアでは、約16万点を叩き出しています。

パフォーマンスの面でも、Atomより大きな進歩と言えます。

SDカードに対応

microSDカード最大256GBに対応します。

Atomでは利用できなかったので、これも進歩と言えます。

楽天モバイルのSIMカードに対応

これはとても評価できる点だと思います。

APN設定不要で、Rakuten Linkを設定すれば無料通話、SMSが利用できます。

ただし、必ず楽天回線につながるわけではないことと、Wi-Fi接続時の発信は、非通知設定と相手側に表示されることは注意が必要です。

povoも使えた!

KDDIのpovoも設定無しで、使えました。音声通話もVoLTEの利用が可能です。


これからサブ機として、こちらを携帯していきたいと思います。新たな魅力を見つけたら、また紹介します。

今回もご覧いただきありがとうございました。

OCNモバイルONEでは、2022年2月7日まで、本体価格4,000円(税込)で販売しています!

3 コメント

  1. povoは音声通話、データ通信共につながっていますか?
    私はJelly2をpovo2.0と楽天モバイルのデュアルsimで使っているのですが、povoのデータ通信だけ出来ません。楽天のsimをオフにしたり、優先simをKDDIにしても上手く行きません。KDDIのモバイルデータアクセスはオンにしています。デュアルなので普段困ることはないのですが、やはり解決しておきたくて…

  2. すみません、解決しました!
    APN設定が良くなかったようで、APNタイプをdunとせず空欄にして保存し直すと、
    データ通信もできるようになりました。
    お騒がせして申し訳ありませんでしたm(_ _)m

    • よしだ様
      ブログにご訪問いただきありがとうございます。
      メッセージに気づかず申し訳ございませんでした。
      解決できて安心しました!
      MediaTekのチップセットの端末は、最初に設定するとAPNタイプのオプションがデフォルト値でなぜかぎっしり埋まっていることがあります(笑)
      格安SIMで当方も何度か通信ができず困ったことがありました。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA