コラム

国内・世界の物流事情2020年4月

2020年4月10日

みなさんこんにちは。

新型コロナウイルスの影響で、中国等、海外で生産したスマホなどが日本にちゃんと届くのか気になったので、物流面の状況について調べてみました。

国内物流

日本郵便では、航空便の運休などにより、下記の通りの遅延になるようです。

引き受け中止
4月8日から、沖縄県で引受けまたは配達となるチルド・冷凍ゆうパック

2日~4日程度の遅延が起こる配達

  • 北海道、九州地方または沖縄県で引受けまたは配達となるゆうパック
  • 東北地方で引受け中国・四国地方で配達となるゆうパック

    航空便の運休等に伴う郵便物・ゆうパックなどのお届けに関するお知らせ - 日本郵便

    ヤマト運輸では、中国・四国・九州地方から、北海道への荷物の配送に遅延が起きているとのことです。
    理由は航空便の減便によるものです。

    佐川急便では、航空便の運賃が上がっているため、3/31集荷分から飛脚国際宅配便とSGX便に、緊急事態追加金を追加しています。
    こちらは遅延はない模様です。

    国際物流(東アジア)

    日本通運(東アジアブロック)は先月、中国・香港発の航空チャーター計28機を実施した模様です。
    香港、上海、広州(広東省)の各空港発で、成田、関西やアジア各国に輸送しているようです。

    日本通運<東アジアブロック> 中国・香港発航空チャーター28機実施(Daily Cargo)

    日本郵便は4/2より、153の国と地域を対象に国際郵便の引き受けを停止する旨のアナウンスを出しました。
    一部の国・地域宛て国際郵便の一時引受停止および遅延について(日本郵便)

    国内物流も遅延が発生したり、EMSでは受け付けを停止するなど、影響が出ています。
    国際貨物は今後輸送費のコストが上昇したり、遅延が長くなるなど、ますます影響が出てくる可能性がありますね。

    当サイトでも、随時状況について紹介していきたいと思います。

  • -コラム

    Copyright© takasam.net , 2020 All Rights Reserved.