コラム

NTTコミュニケーションズがeSIMによるモバイル通信プランを4月1日から提供開始(toB向け)

2020年3月31日

みなさんこんにちは。
eSIMの分野では、IIJが先陣を切ってスタートしましたが、ついにNTTコミュニケーションズも開始するようです。

eSIMとは?

eSIMとは・・・
embedded SIMの略で、埋め込み式のSIMという意味です。
日本で現在の主流は、まだ物理的なSIMカードのほうが圧倒的に多いです。
SIMフリーのオープンマーケット、キャリア両方です。
唯一、楽天モバイルがeSIM対応機種とサービスの組み合わせで提供しています。

海外はどうかというと、例えばアメリカのキャリアでは、すでにeSIMをインストールして、エンドユーザーに提供しているようです。

ハードウェア市場のトレンドから見ても、今後はeSIM対応機が増えてくることが想定されます。

対応ハードウェアなど

GSMA準拠のeSIM対応機としては、以下のような製品があります。

Google Pixel 4
iPhone XR以降

新しいiPhoneシリーズも、実はeSIMに対応しているんです。
利用するためには対応機種が必要となりますので、ブランド製品かつ、そこそこ新しめのハードウェアが必要になります。

NTTコミュニケーションズのプレスリリース

前置き長くなりましたが、こちらがNTTコミュニケーションズがローンチするサービスです。

以下はNTTコミュニケーションズのホームページからの抜粋となります。
参照:フルMVNOによるIoT向けモバイル通信プランの国内提供を開始

NTTコミュニケーションズ(以下 NTT Com)は、国内における「フルMVNO※1基盤」の運用を開始し、同基盤を活用したeSIM※2によるモバイル通信プランを、2020年4月1日より提供開始します。

これにより、SIMの休止・再開の管理や形状の選択、機能拡張などが可能な付加価値の高いサービスをご利用いただけるようになります。

なお、対象サービスはこちらの通りです。

次のモバイル通信サービスにおいて、フルMVNOに対応した機能を追加します。

Arcstar Universal One モバイル
OCN モバイル ONE for Business
モバイルアクセス卸サービス
IoT Connect Mobile

残念な点としては、
to C(コンシューマー向け)ではなく、to B(ビジネス向け)である点ですね。

今後、コンシューマー向けにも提供されることを期待します!

ご覧いただきましてありがとうございました。m(_ _)m

-コラム

Copyright© takasam.net , 2020 All Rights Reserved.