コラム

中古スマホがオススメな理由。

みなさんはスマホを購入するとき、どのように購入しますか?

キャリアの製品を触ってみたくなったときは、中古販売サイトなども見に行ったりします。

基本的にはSIMフリーの製品のほうが興味があるため、ヨドバシドットコムで買ったり、Amazonで買ったりしています。

キャリア製品を中古で購入するメリットは?

次のような点だと思っています。

【メリット】

・以前のモデル(型落ち品)がお得に購入できる
・キャリア店舗に並ばなくてよい
・すぐに使い始めることができる
・防水防塵・おサイフケータイに対応したモデルが豊富
・実物の状態を確認できる(店舗で購入したとき)
・実は廉価のSIMフリースマホより使い勝手が良かったりもする(キャリア契約の方にとって)
・ハイエンド機が多いのでゲームなどのエンターテインメントで利用しやすい
・赤ロム補償をしてくれる店舗がほとんどのため、安心して購入できる
・ガラケーのラインナップは豊富

このようなメリットがあると思います。

1万5千円程度で、防水・防塵、おサイフケータイ対応、Snapdragon 800シリーズを搭載した機種が購入できてしまうわけです。

SIMフリー端末をメインで使う傍ら、ゲーム専用機として利用するなどといった使い方もいいのではないでしょうか?

逆にデメリットはというと、これらの点だと思います。

【デメリット】

・バッテリーの消耗具合がわからない(この点はちょっとチャレンジ)
・キャリア製品にはデュアルSIM機がない
・端末の不具合が起きたときにはキャリアに行くしかない

 

利用用途によってはお得に使えるのではないでしょうか?

SIMフリーのハイエンド機は結構高価で、7万円~10万円といった価格帯になります。

これを考えると、2~3万円台のエントリー、ミドルレンジ(チップセットでいうとSnapdragon 600シリーズ、MediaTek Helio Pシリーズ)を購入して、サブ機としてキャリア端末を持つというのも、お得な使い方と言えるのではないでしょうか?

メイン機としてもまだまだ使えるキャリアの中古製品、SIMロック解除はできるの?

先ほどはサブ機として利用することがオススメといった感じでお話しましたが、数年前のスマホはまだまだ現役として使える製品が多いです。

格安SIMで使うことや、他社キャリアSIMで利用することを検討されている方も多いのではないでしょうか?

そのようなときに気になるのがSIMロックの状態です。

中古機の販売店では、SIMロックが掛かったままの状態の製品が多いです。

ただし、店舗によってはSIMロック解除品を取り扱っている店舗もあります。「SIMフリー」と表示されたコーナーを確認し、お目当ての機種があるかどうか、見てみてください。

ない場合は店員さんに聞いてみましょう。

ドコモ、auの製品は自分でSIMロック解除ができる

ドコモとau(KDDI)は、契約がなくても簡単にSIMロックが解除できます。iPhoneを含めて、自分で解除できます。

ドコモの場合は、My docomoに、auの場合は、My auに登録するだけで利用できます。

NTTドコモ公式「SIMロック解除」 au公式「SIMロック解除」

いずれも、ログインをしてIMEIを入力を入力すると解除ができる仕組みです。

解除にかかる手数料などはありません(無料)。

ショップに持ち込むと3,300円(税込)とられてしまうので、ドコモ、auのアカウントを取得しておき、自分でロック解除をするのがいいと思います。

中には変な代行業者もいますので、そういった業者に引っ掛からないよう、実は無料でできるといった、正しい知識をもって、ご自身で対応してみてください。

用語:「IMEI」とは全世界で唯一である端末を識別できる番号です。GSMAというモバイルの世界的業界団体から、メーカーが購入するため、その番号だけでメーカーがわかったりなどします。

最初の購入者が未払いの状態ではSIMロック解除ができない

SIMロック解除にあたり注意が必要なのは、購入者が未払いの状態では、SIMロックが解除できません。

制限確認サイトで、「×」のものがそれにあたります。赤ロムも解除できない対象に含まれますので注意が必要です。

また、購入後の期間などにより、条件が変わります。最初の購入者の購入後100日後から可能となる場合が多く、一括払いの場合は即日で解除可能です。

キャリアのAndroid 製品は他社SIMは使えるのか?

例えばドコモの機種でau SIMを使うことができるのか?auの機種でドコモ SIMを使うことができるのか?

ソフトバンクのSIMでauが使えるのか?といった疑問があるのではないでしょうか?

結論としては「使えます」。

ただし、私自身としては、常用する場合は、それぞれのキャリアのSIMや、キャリアの回線を利用する格安SIMを使ったほうが良いと考えています。

例えば、ドコモの機種ではドコモ回線を利用する、OCNモバイルONEや各種ドコモ系のSIMです。

auの場合は、UQ mobileやBIGLOBEなどの各au系、タイプAといわれるSIMです。

理由は、

キャリアの製品はそれぞれのキャリアが利用する周波数に合わせて調整されています。

そのため、ベストな組み合わせはそれぞれのキャリアのSIM(またはそれらの回線を利用する格安SIM)です。

ただし、使えないわけではありませんがいくつかの制約が生じます。

【制約の例】

・特定のバンド(周波数帯)しか使えないため、利用できるエリアが狭くなる
・VoLTEが使えない場合がある

APN設定が必要

2019年あたりからの製品には、他社のAPN情報などがインストールされている場合もあります。

ただし、格安SIMを利用する場合、APNの登録が必要になる場合がほとんどです。

SIMカードをセットするだけでは使えませんので注意しましょう。

iPhoneの場合は安心、どのキャリアの端末もそれぞれのSIMで利用できる

iPhoneの場合、日本向けのモデルは統一モデルのため、SIMロックを解除してしまえば、自由に他社回線も利用することができます。

格安SIMを利用する場合に、構成プロファイルのインストールが必要になるケースが多いため、事前に確認しておきましょう。

au isai V30+LGV35を購入

今回au版のisai V30+ (LGV35)を購入しました。

デュアルカメラ、WQHD+有機EL、128GBストレージ、Snapdragon 835を採用するなど、同等のスペックをSIMフリー端末に求めると、4万円程度はかかりそうなスペックですが、この端末が、なんと14,800円(税込)で購入できました。

2017年12月に発売された機種で、OSはAndroid 9までアップデートで対応しています。

SIMロック解除で、700MHz(Band 28)に対応していますが、ドコモのVoLTEは利用できないようで、通話をすると3Gに切り替わります。

ちょっと残念ですね。

それにしてもこのスペックが14,800円で購入できるのは実に魅力的だと思います。

私はゲームやエンターテインメントに使っています。

どの店舗、出品者がおすすめ?

個人的には実店舗で、全国で展開しているゲオモバイルがオススメです。

オンラインでは、ムスビーがいろんな出品者から比較して購入できる、最安値での購入も可能なのでおすすめです。

家から出ずに、オンラインのみで購入が完結するのも、この新型コロナウイルスの現状を踏まえると魅力ですね。

領収書の発行などもすべて対応してくれます!

▼ムスビーのオンラインショップはこちら



まとめ

中古機はお値打ちで、すぐに使える状態というメリットがあります。

ドコモやauの製品は自分でSIMロック解除もできますので、利用用途に合わせて、キャリアの中古製品を選んでみてはいかがでしょうか?

特にiPhoneは、iPhone 6S以降のモデルで、ドコモ、auは自分でオンラインでSIMロック解除できます。

制限状態が△または〇のものを選んで購入し、お得にSIMフリーiPhoneに変更してみてはいかがでしょうか?

今回もご覧いただきましてありがとうございました。

中古機種におすすめの格安SIMはこちら

継続した利用のために、安定した格安SIMプロバイダーとの契約をおすすめします。

ドコモ系はOCNモバイルONE、au(KDDI)系はBIGLOBEがおすすめです。

▼NTTグループの格安SIM「OCNモバイルONE」は月額680円~

▼KDDIグループの格安SIMはコチラ

-コラム

Copyright© takasam.net , 2020 All Rights Reserved.