Rakuten MiniでSimpier(シムピアWi-Ho eSIM日本パス)を利用!購入も簡単わずか5分

みなさんこんにちは。

iPhoneシリーズでもXS/XRシリーズから、iPadでは第7世代、Pixelシリーズでは4/4a以降、eSIMモジュールが搭載されるなど、eSIMが徐々に標準的な通信手段として普及しつつあります。

一方、日本国内のSIMフリーブランドではOPPO A73が、キャリアからは楽天モバイルのRakuten Mini/BIG/BIGsがeSIM対応と、比較的低価格な端末でもeSIMが使えるようになりました。

そんな中、日本国内では、eSIMのプロバイダはまだ数えるほどしかありません。

有名なところでは、IIJや楽天モバイル、povoといったところです。比較的安価で使える一方、月額での契約が必須となり、使いたいときだけ使うといった、気軽にプリペイドで導入できるプロバイダは少ない現状です。

今回は、「気軽にプリペイドで導入できるeSIM」という観点で、Simpier(シムピア)を紹介したいと思います。

Simpierとは?

Simpierは、テレコムスクエアが運営するSIMカード販売事業のブランド名です。物理的なSIMとしては、Wi-Ho! SIMとして、海外で利用できるローミングのSIMカードや、台湾の中華電信のSIMカードを販売しています。

Simpier公式Webサイト

eSIMでは、Wi-Ho! eSIMとして、グローバルパス、日本パス、ヨーロッパパスを展開しています。プランはすべてデータ専用で、SMSや通話には対応していません。

日本に住む私たちには、「日本パス」が短期間利用できるお得なプランとなっています。

正直なところ、IIJの1GBまで495円(税込)、2GB以降10GBまで495円(税込)がお得なようにも見えますが、月額165円(税込)の最低利用料が発生します。利用後に万が一、解約を忘れた場合などは知らないうちに、不明な165円が請求されるといったこともあり、煩わしい点もあります。

こうした点などからも、Simpierの日本パスをおすすめしたいと思います。

日本パスの価格は、1GB/30日の有効期間で、811円(税込)、3GB/30日で2,027円(税込)、5GB/30日で3,244円(税込)です。

Simpier公式Webサイト

Simpierをお試し感覚で1GBプランをRakuten Miniにインストールしてみました

購入ページから直接QRコードの表示が可能で、即座にeSIMプロファイルのインストールが可能です。Rakuten Miniで、QRコードを読み取りインストールしてみました。

Simpierは、Truphoneというイギリスの通信会社と契約し、日本国内ではドコモのネットワークからインターネットに接続しています。

APNはプリインストールされていますので、Truphoneを選択します。

データローミングが必須となりますので、「ローミング」がONになっていることを確認します。

モバイルデータで接続し、Yahooを見てみました。

eSIMの購入からインストール、利用開始までにわずか10分で完了です。申込もインターネットだけで簡単にできます。

Rakuten Miniでスピードテストを試してみました

速くはないものの、不満が出る速度ではありません。ダウンロード約5Mbpsです。

Simpier Wi-Ho! eSIMのまとめ

簡単に試せるeSIMとして、月額払いの契約が不要な点は煩わしくなくとても好感が持てます。

1GB/30日プランが811円(税込)とお手頃な価格も魅力です。

iPadやサブ端末の一時利用に最適なプランだと思います。

Simpierの魅力を最後にまとめると・・・

  • 物理的なSIMカードが不要!
  • 購入後、即時利用開始可能!(購入から利用開始まで10分くらいで作業は完了)
  • 利用料金は1ヶ月811円(1GB)~お手軽に利用できる!
  • 選べる容量1GB/3GB/5GB!

Simpierの詳しい情報はこちらからご覧ください。

Simpier公式Webサイト

今回もご覧いただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です