ホームSIMフリー3万円で購...

3万円で購入できる5G対応SIMフリーAndroidスマートフォン

みなさんこんにちは。

5Gの時代はすぐそこまで来ていると感じています。

郊外では5Gの電波が入る環境は少ないものの、2021年12月の総務省の提言により、今後5Gのインフラ整備が数年で進むことには期待が持てますね。

今回は、そんな5G時代に合わせたSIMフリースマートフォンを、価格3万円という基準でご紹介したいと思います。

5Gの周波数の種類

5Gって速いっていう印象をお持ちの方は多いと思います。5Gには、Sub6とミリ波と呼ばれる2種類の電波があります。

Sub6は5Gの中でも比較的低い周波数帯、6Hz未満の周波数を指します。日本では3.5GHz、4.5GHzの周波数帯が利用されています。速度は4Gとそれほど変わらないため、違いを感じにくいところではありますが、電波が届きやすいというメリットがあります。

Band n3/n28/n77/n78/n79などがSub6のバンドになります。

5Gの周波数には、その他に「ミリ波」と呼ばれる高い周波数帯の電波があります。30GHz~300GHz帯の周波数で、日本では28GHzが利用されています。

速度は下り20GbpsとSub6と比較し16倍程度の速度です。周波数が高く、電波が届きにくいというデメリットがあります。

これだけ聞くと、Sub6対応機ではちょっと・・・と思ってしまいますが、NTTドコモではSub6のBandを束ねて、最大4.1Gbpsまで対応しています。

日本で販売さているiPhone 12/13シリーズでは、ミリ波には対応していませんが、ドコモのこの技術に対応しているということです。

Sub6でもそれなりに速いスピードを体験できる可能性もあるということですね。

できればミリ波対応機を選びたいところですが、現在はSONYのXperiaシリーズ、SHARP AQUOSシリーズ、サムスンGalaxyシリーズのハイエンドでの対応となり、少しお値段が・・・という状況です。

現状を踏まえると、Sub6のみの対応でも、それなりに利用できる可能性もあるということなので、そんな予備情報を持ったうえで、3万円の5G Sub6対応機という視点でご覧いただければと思います。

それでは順番に見ていきましょう。

moto g50 5G

motorola製のSIMフリースマートフォンです。

モトローラより参照
モトローラより参照

motorolaの中でも購入しやすい価格帯のgシリーズ。motorolaの直販では32,800円(税込)(Amazonでは25,121円)で購入できます。

キースペック

OS: Android 11

CPU: MediaTek Dimensity 700 オクタコア

メモリ: RAM 4GB/ROM 128GB

外部メディア: microSD 最大512GB

ディスプレイ: 約6.5インチ 1600 x 720 (HD+)、20:9、IPS、リフレッシュレート 90Hz

カメラ:
アウトカメラ:約4,800万画素メイン (f/1.7) + 約200万画素深度センサー(f/2.4)+ 約200万画素マクロ (f/2.4)、LEDフラッシュ
インカメラ:約1,300万画素 (f/2.0)

サイズ、重量: 約167mmx 幅約76.4mm x 厚さ約9.26mm(最薄部)、約206g

SIMサイズ: nanoSIMx2 DSDV (5G+4G)

バッテリー: 5,000mAh

対応周波数:
5G:Sub-6GHz band n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n66/n77/n78
4G:LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18/B19/B20/B26/B28/B38/B40/B41/B42/B43/B66
3G:W-CDMA B1/B2/B4/B5/B8/B19
2G:GSM 850MHz/900MHz/1,800MHz/1,900MHz

Wi-Fi: IEEE802.11 a/b/g/n/ac

Bluetooth: 5.0

おサイフケータイ: 非対応

NFC: 対応

位置測位: GPS, AGPS, LTEPP

インターフェース: USB-Type C、3.5mmイヤフォンジャック

生体認証:指紋認証、顔認証


メモリ(RAM)の4GB、ディスプレイのHD+解像度を除いてはとても魅力的なスペックです。

NFCにも対応しており、Google Payや各種サービスを利用可能です。残念ながらおサイフケータイ(FeliCa)には非対応ですが、NFCが利用できるメリットは大きいです。

3.5mmイヤフォンジャックに対応し、変換用アダプタも必要ありませんので、これまでのイヤフォンやヘッドフォンを利用できます。

指紋認証に対応しており、マスク着用時のロック画面解除もスムーズに行うことができます。

また、ストレージは128GBと、3万円台のスマートフォンとしては魅力的なスペックです。

64GBの2倍ですので、これまで64GBのストレージで足りないと感じていたユーザーも安心して利用できます。

SDカードとnano SIM2の利用が排他利用となる点、どちらか一方しか使えない点には注意しましょう。

CPUにはDimensity 700を採用しています。MediaTek製ということで、ちょっと気になるユーザーもいると思いますが、Dimensity 800シリーズを搭載する、キャリアモデルのRedmi Note 9Tと比較してもパフォーマンスに大きな違いはありません。ミッドレンジスマートフォンとしての性能を発揮してくれるCPUだと思います。

Snapdragon 720G同等または、少し上といった感じです。海外のサイトですが、パフォーマンスを比較したサイトがありましたので、参考にご紹介します。

https://versus.com/ja/mediatek-dimensity-700-vs-qualcomm-snapdragon-720g


OPPO A54 5G

こちらはオウガ・ジャパン(OPPO)から発売された、5G対応スマートフォンです。

オウガジャパンより参照

私も利用していますが、バランスのいいスマートフォンだと思います。価格は29,800円(税込)と発売時と比較すると、若干値下げされました。 2022年1月13日現在、Amazonで21,570円(税込)となっています。

それではスペックを紹介します。

キースペック

OS: Android 11(Color OS 11)

CPU: Snapdragon 480 5G オクタコア

メモリ: RAM 4GB/ROM 64GB

外部メディア: microSD

ディスプレイ: 約6.5インチ 2400 x 1080 (FHD+)、リフレッシュレート 90Hz、最大輝度: 550 nits

カメラ:
[メイン]約4800万画素 (F/1.7絞り値)
[超広角]約800万画素(F/2.2絞り値) 画角119°
[マクロ]約200万画素(F/2.4絞り値) [モノクロ]約200万画素(F/2.4絞り値)
インカメラ: 約1600万画素(F/2.0絞り値)

サイズ、重量: 約162.9mmx 幅約74.7mm x 厚さ約8.4mm(最薄部)、約190g

SIMサイズ: nanoSIMx2

バッテリー: 5,000mAh

対応周波数:
5G NR: n3/n28/n77/n78
FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28
TD-LTE: Bands 38/39/40/41/42
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
GSM: 850/900/1800/1900MHz

Wi-Fi: Wi-Fi 5 (802.11ac), IEEE 802.11a/b/g/n/

Bluetooth: BT2.1 + EDR, BT5.1, TWS+

おサイフケータイ: 非対応

NFC: 対応

位置測位: GPS / Beidou / GLONASS / GALILEO / QZSS

インターフェース: USB-Type C、3.5mmイヤフォンジャック

生体認証: 指紋認証(側面)、顔認証

防水・防塵: 非対応


ストレージは64GBですが、チップセットはキャリアのスマートフォンでもおなじみのQualcomm(クアルコム)のチップセット、ディスプレイ解像度はFull HD+とmoto g50と同様に魅力的な端末です。

NFCにも対応しており、Google Payやマイナンバーカードの読み取りにも対応しています。

トリプルスロット構造となっており、デュアルSIM機能を利用しながら、microSDを利用することも可能です。

また、バッテリー容量は5000mAhとこちらもmoto g50と同じです。

本機はCPUにSnapdragon 480を搭載しています。Snapdragon 400シリーズと聞くと、ローエンドという印象を受けますが、新しい世代のチップセットということもあり、グラフィック(GPU)面で強化されています。

Snapdragon 720Gとの比較では、こちらも同等または若干パフォーマンスが向上しています。

https://versus.com/ja/qualcomm-snapdragon-480-vs-qualcomm-snapdragon-720g

リフレッシュレート90Hzにも対応しており、数年前のスマートフォンを利用していたユーザーから見ると、変化に感動するかもしれません。

OPPOでは、定期的なセキュリティパッチの更新やOSのアップデートもサポートしています。

安心して利用できるスマートフォンではないでしょうか。

ACアダプターやケーブルは付属しませんので、保有していないユーザーは購入時に合わせて購入することをおすすめします。


OPPO A55s 5G

こちらもオウガ・ジャパン(OPPO)から発売された、5G対応スマートフォンです。

オウガ・ジャパンより参照

価格はOPPO公式で、32,800円(税込)。2022年1月13日現在、Amazonで29,073円(税込)となっています。

キースペック

OS: Android 11(Color OS 11)

CPU: Snapdragon 480

メモリ: RAM 4GB/ROM 128GB

外部メディア: microSD

ディスプレイ: 約6.5インチ2400 x 1080 (FHD+)、IPS、リフレッシュレート 90Hz

カメラ:
アウトカメラ: 【広角】約1,300万画素(F値2.2, FOV 80°; 5Pレンズ, AF対応 )
【深度】約200万画素(F値2.4, FOV 89°, 3Pレンズ, AF対応)
インカメラ: 約800万画素(F値2.0)

サイズ、重量: 約162.1mmx 幅約74.7mm x 厚さ約8.2mm(最薄部)、約178g

SIMサイズ: NanoSIM カード + eSIM (SIM 1 + SIM 2/eSIM)

バッテリー: 4,000mAh

対応周波数:
5G:Sub-6GHz band
2G: GSM850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA band 1/2/4/5/6/8/19
4G: TD-LTE band 38/39/40/41/42
4G: LTE FDD band 1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28
5G NSA: n3/28/77/78

Wi-Fi: Wi-Fi 5 (802.11ac), IEEE 802.11a/b/g/n/

Bluetooth: 5.0

おサイフケータイ: 非対応

NFC: 非対応

位置測位: GPS / Beidou / GLONASS / GALILEO / QZSS

インターフェース: USB-Type C、3.5mmイヤフォンジャック

生体認証:顔認証

防水・防塵:IP68


こちらもOPPO A54 5Gと同様に、メモリはRAM 4GB/ストレージ64GB、チップセットはSnapdragon 480 5G、ディスプレイはFull HD+解像度となっています。

大きな違いは、NFCと指紋認証に非対応と、eSIM、防水・防塵に対応している点です。

この価格でデュアルSIM(nano2枚またはnano+eSIM)への対応、防水・防塵への対応は魅力的です。

CPU自体はSnapdragon 480 5Gを搭載しているため、パフォーマンスはOPPO A54 5Gと変わらないものと考えられます。

NFCと指紋認証に非対応である点が問題なければ、eSIM対応、防水防塵対応と魅力的な端末と言えます。

OPPO A54 5Gより、カメラスペックが控えめになってしまうため、写真をきれいに撮りたい、防水にこだわりがないユーザーには、A54をおすすめします。

ACアダプターやケーブルは付属しませんので、保有していないユーザーは購入時に合わせて購入することをおすすめします。


まとめ

今回は、3万円で購入できる5G対応、SIMフリーAndroidスマートフォンを紹介しました。

4万円まで行くと、もっと高性能でストレージに余裕があるモデルも購入できますが、とてもリーズナブルで、品質もそこそこのモデルであるため、3万円という価格がとてもしっくりきます。

壊れたら買い替えるや、万が一破損した場合も割と気軽に機種変更できるため、破損や故障が心配なユーザーにはオススメです。意外とこの価格帯のスマホも長持ちするので、試してみる価値はあると思います。

各種格安SIMも利用できますので、格安SIMとの組み合わせでの利用もおすすめです。

▼私も利用しています。月額550円~利用できるドコモ系格安SIMのOCNモバイルONE



▼サブ回線にもおすすめ。契約から最大3ヶ月無料。1GB未満は月額0円



今回もご覧いただきまして、ありがとうございました。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


More from Author

おすすめの記事

AQUOS sense5G初回生産分にハードウェア...

みなさんこんにちは。 私も2021年12月からAQUOS sense5G(ドコモ版)SH...

OCNモバイルONEでUnihertz Jelly...

みなさんこんにちは。寒さも少しだけ和らぎ、夜明けが少し早くなった今日この頃ですね。 さて...

イオシスの中古スマホ特価販売情報。あのZenfon...

みなさんこんにちは。 高級なiPhone 13シリーズも魅力ですが、実用的なスペックで、...

OCNモバイルONEでセールが開始 2022年2月...

みなさんこんにちは。 今回は2022年1月21日より始まった、OCNモバイルONEの端末...

楽天モバイルのエリアの現状は?(2022年1月)

みなさんこんにちは。 私もサブ用の回線として楽天モバイルを利用しています。 私の住...

moto g31が発表。有機EL搭載4Gスマートフ...

みなさんこんにちは。 motorolaより、moto g31が発表されました。moto ...

AQUOS wishが楽天モバイルから発売。202...

AQUOS wishは、ミドル・ロー寄りのスマートフォンです。 NFCやおサイフケータイ...

arrows We F-51Bスペック情報

みなさんこんにちは。 NTTドコモより、arrows We F-51Bが2021年12月...

プリペイドSIMって何?

みなさんこんにちは。 今回は、「プリペイドSIM」について紹介したいと思います。 ...

使い道色々。楽天モバイルの使い方を考えてみた

みなさんこんにちは。 今回は楽天モバイルの使い方について考えてみました。 楽天モバ...

スマホのリフレッシュレートとは?iPhone、An...

みなさんこんにちは。 今回はリフレッシュレートについて紹介したいと思います。 スマ...

AQUOS zero6 (楽天モバイル版)にアップ...

みなさんこんにちは。 楽天モバイルのAQUOS zero6を使い始めて、2ヶ月になります...