OPPO A54ローエンドのスタンダードが見えたSnapdragon 480 5G

みなさんこんにちは。

OPPO A54といえば、Snapdragon 480 5Gが日本で初めて搭載されたスマートフォンだ。

これまでのSnapdragon 400シリーズといえば、もっさりは否めなかったが、このSnapdragon 480 5Gでは、普通のミドルレンジと言えるくらいキビキビ動く。

OPPO A54ではリフレッシュレートも90Hzに対応するなど、税込3万円台前半で、デュアルSIM、5G対応で、このコストパフォーマンスとは、新しいスタンダードを作り上げたのではないかと思う。

確かにモトローラなどもコストパフォーマンスは良いが、日本向けにはロー〜ミドルレンジで、HD解像度の製品が多く、少し魅力に欠ける。

OPPO A54を使い始めて10日以上になるが、とても快適に使えている。メイン機として使っているが、多少もたつくことはあっても、腹が立つほどもっさりということもない。

Snapdragon 400シリーズ=ローエンドという常識を覆すパフォーマンスを持ったチップセットだと感じる。

数年前の3〜4年前のフラッグシップより、快適に使えるように感じる。

そろそろ新しい機種に機種変更しようとお考えの皆さんにもピッタリではないかと思う。

ぜひ検討してみてはいかがだろうか。

僕の試した印象では、Redmi 9Tよりもおすすめしたい機種だ。メイン機としても十分な性能とパフォーマンスを備えていると感じる。

もちろん楽天モバイルにも対応している。



しむまる
しむまるhttps://takasam.net
2000年以前から携帯電話好きで、2008年からはスマートフォンに興味を持ち、多数の機種を触ってきたスマホオタクです。 SIMカードにも知識があり、SIMカードのカスタマーサポートも経験。現在はフリーランスでSIMカードやIoTデバイスの検証、カスタマーサポートをやっています。

コメント

返信する

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


人気の投稿