nova lite 2はRakuten UN-LIMIT の利用が可能(ただし条件あり)

みなさんこんにちは。

nova lite 2 は2018年の製品で、VoLTEに対応していなかったり、au系のSIMカードが利用できなかったり、何かと制限がある端末だと思います。

色々と考えると、あまりおすすめできる端末ではありませんが、イオシスで新品、付属品ありで、11,800円(税込)+送料640円(税込)と、ちょっと気になってしまいました。

OSの対応状況は、EMUI 9.1(Android 9)まで対応しています。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)とnova lite 2の組み合わせ、これなら使える条件

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)とnova lite2の組み合わせ、実は使えますが、いくつか条件があります。

順番に見ていきたいと思います。

nova lite 2のOS アップデートを、最新版まですべて適用する

これはそこまでハードルは高くありませんが、2.7GB程度のアップデートを3回程度実施する必要があるので、Wi-Fi環境が必須だと思います。

すべて適用するのに、回線の速度等も影響しますが、約2~3時間程度かかります。

これをすべて適用することで、楽天モバイルのAPN がプリセットされ、利用しやすくなります。

楽天回線のエリアで利用すること

これは少しハードルが高いかもしれませんが、nova lite 2の対応バンドは、Band 1/3/8/19/20と少ないです。

楽天モバイル自体は自社回線のエリアはバンド3、パートナー回線エリアはバンド18/26を利用していますので、端末の対応バンドを考慮すると、バンド3の楽天回線が利用できるエリアであることが必須となります。

Rakuten linkでの発着信のみ可能

本体の電話アプリからの発信、着信はできません。緊急通報なとができないので、注意が必要です。

nova lite 2との組み合わせでは、データ通信とSMS のみ利用可能ということなのです。

SMS も利用できますので、Rakuten linkの利用も問題ありません。発信では、Wi-Fi環境での利用時も、相手に発信者の通知がされるので、この点は安心です。

SIMカードを入れて試してみる

APNはプリセットされていますので、SIMカードを入れて設定することはありません。

キャリア名のRakutenが表示され、4Gデータ通信を利用することができます。

まとめ

一部の機能が利用できず、対応エリアに制限されますが、nova lite 2では楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)を利用することができます。

できること、できないことを理解した上で、利用するには、おすすめの組み合わせかもしれません。

【できること】

データ通信

SMS

Rakuten linkでの発着信

楽天回線エリアでの利用

【できないこと】

本体電話アプリでの発着信

パートナー回線エリアでの利用

楽天モバイルには、早くエリアを整備していただきたいですね。

今回もご覧いただきまして、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です