UMIDIGI Power 5レビュー

みなさんこんにちは。

今回は、前回のUMIDIGI A9 Pro 2021に続きUMIDIGI Power 5を紹介する。

UMIDIGI Power 5は一言でいうとバッテリーモンスターだ。解像度は低く、ストレージもUFSではない。チップセットもローエンドと思われるHelio G25を採用してる。だが、バッテリーは6150mAh、ストレージ(ROM)は128GB、プラスチックながらも、これまでよりも優れたバックカバーの加工などは見どころといえる。

最近のUMIDIGIは黄色い箱を採用しているようだ。

今回は初めてAliexpressを利用した。2021年9月1日の注文から15日経過した9月16日に到着した。

早く到着するオプションを利用しているが、2週間以上かかった。

これから注文を考えているユーザーは、Aliexpressではそれくらいかかることを覚えておいてほしい。

UMIDIGI Power 5スペック

OS Android 11
CPU MediaTek, Helio G25, 8xCortex-A53, up to 2.0GHz
GPU PowerVR8320, up to 650MHz
RAM/ストレージ 4GB/128GB
外部ストレージ 最大256GB microSDXC
RAMタイプ LPDDR4X dual channel
バッテリー 6,150mAh (10W 充電)
サイズ 164.8mm x 76.9mm x 9.9mm
重量 211g
カメラ 1600万画素メインカメラ, F/2.0, 6-element レンズ
800万画素 超広角カメラ, FOV 120°
500万画素 マクロカメラ
フロントカメラ 800万画素F/2.2 aperture, 5-element レンズ
AIビューティ
顔認識
セルフィーカウントダウン
画面性能 6.53" HD+ フルスクリーン
20:9 アスペクト比
HD+ 解像度 (1600 x 720)
温度センサー デジタル赤外線温度センサー2.0
ネットワーク 4G: FDD-LTE: B1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /26 /28A /28B /66
TDD-LTE: B34 /38 /39 /40 /41
3G: WCDMA: B1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
TD-SCDMA: B34 /39
2G: GSM: B2 /B3 /B5 /B8
Bluetooth Bluetooth 5.0, Bluetooth HID
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
インターフェース 3.5mmオーディオジャック
USB Type-Cポート
センサー 赤外線温度センサー
側面指紋センサー
近接センサー
環境光センサー
加速度センサー
ジャイロスコープ
電子コンパス
同梱品 本体
液晶保護フィルム (取付済み)
保護ケース
Type-C ケーブル
充電器
SIMピン
クイック操作ガイド

スペックはローエンドで、CPU自体もMediaTekのGシリーズであるが、G25はかなりローエンド寄りの部類だ。

一方、バッテリーが6,150mAh、ストレージが128GBである点、Android 11を搭載している点、端末デザインなどは評価できる。

使用感としては、もたつく雰囲気が大いに漂っている。しかし、バッテリーが長時間持続する点については、かなり評価できる。

技術基準適合証明(技適)は取得済み

中国系のブランドでいうと、UMIDIGI以外にも、OUKITELやBlackviewなどのブランドがある。

OUKITELやBlackviewは一部の端末で技適に対応していない端末があるが、UMIDIGIは技適に対応しているので、この点も安心して利用できるポイントだ。

UMIDIGI Power 5の魅力

その他の点はさておき、なんといってもバッテリー持ちについては、評価できる。

またプラスチックのバックカバーながらも、背面の加工は、Xiaomi Redmi 9Tに近いところがあり、綺麗にデザイン、加工されている。

UMIDIGIのロゴもこれまでの丸ゴシックから、角ゴシック調に変更されている。

UMIDIGI Power 5の見どころを簡単にまとめると次のような点だ。

・バッテリー容量 6,150mAh

・UMIDIGIのデザインの変化

・ストレージ128GB

・3 slot (Dual SIM + microSD)

Geekbench 5のスコアでは、シングルコア149、マルチコア821と、Xperia Ace IIと同じレベルで、あくまでもローエンドだ。

ソフトウェアは特に頻繁な配信は無いとみられる。現時点では2021年7月のビルドが最後の配信となっている。

まとめ

UMIDIGI Power 5はローエンドながらも、メイン機としたくなるくらいのバッテリー容量だ。

重量は軽くはないが、211gという数値からすると、実際の使用感はもう少し軽く感じる。

デザインもソリッドな感じでシンプル、とても好感が持てる。UMIDIGI変わったなという印象だ。

朝起きてから、帰ってくるまでバリバリ使えるタフな相棒といえるのではないだろうか?

Aliexpressを利用してみて

AliexpressのUMIDIGI公式ストアを利用した。日本人の注文だからか、ちゃんと日本の規格に合ったACアダプタを同梱してくれていた。
Fast Shippingのオプションをつけて、日本円で15,390円さらに今後輸入税がかかる予定だ。
到着に2週間かかっている点を考慮し、日本のAmazonで購入するのとそれほど変わらない費用と考える。
保証はあるが、日本人相手ではないため、初期不良などのやり取りに時間がかかる手間取ることは間違いないだろう。
UMIDIGI製品を購入するには、断然Amazonのほうがおすすめという結論だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です