Android 13の最終ベータ版が登場。公式版リリースまであとわずか


2022年7月13日、GoogleはAndroid 13の4番目のベータ版をリリースしました。そして同社は、公式リリースは次のリリースで、サポートするPixelデバイスへ数週間後には配信すると言及しています。4番目のベータ版は、開発者にとって最新リリースの最終テストを念頭に開発、テストするバージョンになります。このバージョンはPixelデバイスやAndroidエミュレーター向けのAndroid 13のリリース候補となります。

前のベータ版でプラットフォームの安定性が向上し、SDKおよびNDK API、アプリ向けシステムの動作、SDK以外のインターフェースの制限など、すべての点が最終版となっています。前回の問題点も解決され、最も安定なソフトウェアとなりました。

Android 13は新しいプライバシーの機能、通知の権限、刷新されたフォトピッカー、テーマアプリアイコン、アプリ毎の言語サポート、HDRビデオ、USB経由のMIDI2.0をサポートしたBluetooth LEオーディオなどの新しい機能が追加されます。また、Android 12で採用されたタブレットや大きい画面を有するAndroid向けの機能が拡張されています。

Androidのパブリックベータプログラムに登録している場合はOTA(On-The-Air)により、最新のベータ版を数日以内に受信することができます。最新のベータ版をダウンロードするためには、ベータプログラムへの登録が必要です。ベータプログラム登録はこちら

Pixelユーザーは8月以降が楽しみですね。

しむまる
しむまるhttps://takasam.net
2000年以前から携帯電話好きで、2008年からはスマートフォンに興味を持ち、多数の機種を触ってきたスマホオタクです。 SIMカードにも知識があり、SIMカードのカスタマーサポートも経験。現在はフリーランスでSIMカードやIoTデバイスの検証、カスタマーサポートをやっています。

コメント

返信する

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


人気の投稿