AQUOS wishとAQUOS wish2の違いは何?

みなさんこんにちは。

AQUOS wish2が2022年6月23日にY!mobile、6月24日にNTTドコモより発売されました。

2022年6月24日時点で、オープンマーケット向けのSIMフリーモデルは発売されていません。また計画も今のところ情報はありません。そのため、入手する経路はY!mobileで購入するか、NTTドコモで購入するかのどちらかになります。

また、前モデルの「AQUOS wish)」はY!mobileモデル(SIMフリー)で約15,000円で購入できるなど、契約なしで手軽に購入できます。これらの点を踏まえて、まずAQUOS wishとAQUOS wish2の類似点、相違点を見ていきます。

AQUOS wish2/AQUOS wish比較

AQUOS wish
AQUOS wish2(NTTドコモ)

違いは、おおむね「カラー」、「CPU」と「対応バンド」といったところで、サイズや重量をはじめとして、その他の項目は、全く同じといったところです。NTTドコモでは、ホワイト、チャコール、ブルー、コーラルの4色、Y!mobileではオリーブグリーン、アイボリー、チャコールの3色が販売されています。NTTドコモ版はeSIM非対応のため注意しましょう。

サイズや重量まで同じなので、パーツも同じものを利用していると思います。AQUOS wishでは、ディスプレイの操作感に不満があるユーザーも多数いますので、この点は注意しておいた方がよさそうです。

比較項目 wish2 wish
サイズ(重量) 約147mmx約71mmx約8.9mm(約162g) 約147mmx約71mmx約8.9mm(約162g)
カラー NTTドコモ:ホワイト、チャコール、ブルー、コーラル
Y!mobile:オリーブグリーン、アイボリー、チャコール
オリーブグリーン、アイボリー、チャコール
CPU Snapdragon 695 5G Snapdragon 480 5G
メモリ RAM 4GB/ROM 64GB RAM 4GB/ROM 64GB
カメラ メイン 1300万画素/フロント 800万画素 メイン 1300万画素/フロント 800万画素
ディスプレイ 約5.7インチHD+ 液晶 約5.7インチHD+ 液晶
バッテリー 3730mAh 3730mAh
USBポート Type-C (USB PD Revision 3.0) Type-C (USB PD Revision 3.0)
対応バンド 【5G】Band n77/n78/n79
【4G(LTE)】Band 1/2/3/5/7/8/12/17/18/19/39
【3G】Band 1/2/5/8
【5G】Band n3/n28/n77/n78/n79
【4G(LTE)】 Band 1/2/3/5/7/8/18/19/28/38/39/41
【3G】Band 1/2/5/6/8/19
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (Wi-Fi 5) IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (Wi-Fi 5)
Bluetooth 5.1 aptX対応 5.1 aptX対応
防水等級 IPX5/IPX7 IPX5/IPX7
防塵等級 IP6X IP6X
MIL規格 MIL-STD-810H 18項目 MIL-STD-810H 18項目
生体認証 指紋 指紋
eSIM NTTドコモ:非対応
Y!mobile:対応
対応
おサイフケータイ/NFC 対応 対応

付属品にACアダプタ、USBケーブルは含まれません。ない場合はあらかじめ用意しましょう。


Snapdragon 695 5GとSnapdragon 480 5Gパフォーマンスの違い

動作や操作性の快適さを決めるのはCPUと言っても間違いないでしょう。wish2では、AQUOS sense6よりも上位となる、Snapdragon 695 5Gプラットフォームを採用しています。

Snapdragon 480 5GとSnapdragon 695 5Gのパフォーマンスの違いがどれくらいか、一般的な指標をもとに見比べてみます。(※wish2/wishでの測定ではありませんが、一般的にCPUの性能に依存するため、wish2/wishでも同等と考えられます)

CPU Snapdragon 695 5G Snapdragon 480 5G
Geekbench5(シングルコア) 約600 約500
Geekbench5(マルチコア) 約1800 約1500
AnTuTu v8トータルスコア 約39万 約38万

性能だけ見るとかなり向上しており、AnTuTuでは約10万近く差が開いています。Snapdragon 695 5Gは、XiaomiのRedmi Note 11 Pro 5Gや、OPPO Reno7 Aにも搭載されるなど、ミドルレンジスマートフォン向けのCPUで、AQUOS wish2のようなローエンド寄りの製品に入っていることは珍しいです。というのも、Snapdragon 480 5Gの調達は難しくなっているようで、その代替としてSnapdragon 695 5Gが採用されたようです。

SHARPが変なことしていなければ、ミドルレンジスマートフォンと同じ操作性が体験できることに期待です。

ahamoでの購入もお得。Y!mobileなどの販売価格

ミドルレンジスマートフォンのCPUが入っていながら、価格が非常にお得です。Y!mobileの新規、シンプルM/Lでの申し込みが最安で、5,040円(税込)となっています。NTTドコモ(ahamo含む)では、MNPは5,500円(税込)でお買い得です。ahamoにMNP予定のユーザーにもオススメです。

種別 新規・機種変更 MNP
NTTドコモ/ahamo 22,000円(税込) 5,500円(税込)
Y!mobile 10,080円(シンプルM/L、税込)/13,680円(シンプルS、税込)/19,440円(機種変更、税込) 5,040円(シンプルM/L、税込)/8,640円(シンプルS、税込)

▼Y!モバイル公式
https://www.ymobile.jp/lineup/a204sh/

▼ahamo公式


▼NTTドコモ公式
https://www.docomo.ne.jp/product/sh51c/?dynaviid=case0015.dynavi

まとめ

AQUOS wishとAQUOS wish2では大きな違いは、CPUにあります。wish2ではSnapdragon 695 5Gを搭載していますので、ミッドレンジスマートフォン並みにスムーズな動作が期待できます。一方、ディスプレイは同じパーツを利用している可能性があるので、過度な操作感の期待はしないほうがいいと思います。

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5Gやmoto g52jなどと比べると、デザインいまいちですが、中身はそこまで変わらないので、安く済ませるにはオススメな機種だと思います。なんせ、MIL-STD-810Hに準拠していますので、少々乱暴に扱っても、壊れることは無さそうです。防水、防塵にも対応しているのはありがたいですね。また、おサイフケータイ、NFCも対応していますので、日本の小売店だけでなく、海外に行ったときにもGoogle Payで便利に使えます。

ahamoではプラン容量内で、海外データローミングも使えます。日本国内で普段もバリバリ使えて、海外旅行のお供にもなるAQUOS wish2を検討してみてはいかがでしょうか。
※AQUOS wish2の対応バンドから、ほぼ全世界で利用できそうです。

▼ahamo公式


しむまる
しむまるhttps://takasam.net
2000年以前から携帯電話好きで、2008年からはスマートフォンに興味を持ち、多数の機種を触ってきたスマホオタクです。 SIMカードにも知識があり、SIMカードのカスタマーサポートも経験。現在はフリーランスでSIMカードやIoTデバイスの検証、カスタマーサポートをやっています。

Comments

返信する

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular