みなさんこんにちは。

廉価版のiPadは、「iPad」というシンプルな名称で呼ばれており、64GB/Wi-Fiモデルが39,800円(税込)から購入できます。現在のモデルは昨年9月に登場したモデルとなりますが、最新の噂によると、今年はより実質的なアップデートがありそうです。

次の廉価版iPadは、1640x2360解像度のRetinaディスプレイ(iPad Airと同様)を搭載することになり、これは、現在の10.2インチから10.9インチに変更されることを意味します。しかし、広色域と高輝度は、Appleの高価格帯ラインナップでのみのサポートとなる予定です。

次の廉価版のiPadでは、A14 Bionicの搭載で5Gがサポートされ、USB-Cポートを搭載(Lightningは非搭載)となります。これにより、Appleのタブレットラインナップでは、すべてのモデルでUSB-Cポートが採用されることになります。

新しいiPadがいつ発表されるかは現時点ではわかりませんが、過去の慣例から言うと秋のiPhoneのローンチイベントで公開される可能性が高いです。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA