Huawei P40 Pro

Huawei P40 Pro レビュー(4)カメラ-ズーム、動画撮影

2020年8月8日

先日カメラ画像についてご紹介しましたが、今回は外出する機会がありましたので、写真をもう一度ご紹介したいと思います。

その前にカメラスペックのご紹介です。

Huawei P40 Pro 5Gのカメラスペック

メインカメラが5000万画素、超広角カメラは4000万画素、望遠カメラは1200万画素を採用しており、深度カメラも搭載し、気軽に本格的な写真を撮影できる魅力があります。

アウトカメラ(クアッドカメラ):
約5000万画素ウルトラビジョン広角カメラ(広角、F1.9、OIS)、約4000万画素超広角シネマカメラ(超広角、F1.8)、約1200万画素スーパーセンシング望遠カメラ(F3.4、OIS)、3D被写界深度カメラ(3Dデプスセンシング)

インカメラ
約3200万画素カメラ(F2.2、オートフォーカス) / デプスカメラ

5x 、10x ズームを試してみました

岐阜駅にある織田信長像を撮影してみました。

私は目が悪く、眼鏡をかけていても、銅像の詳細までは見えていませんでした。

ズーム機能できれいな拡大写真が撮影できたおかげで、銅像の詳細を確認することができました。

・ズームなし

・5xズーム

・10xズーム

マスクを着けていましたね!

食べ物

通販で購入した鰻をご飯に載せて、うな丼にしてみました。

私の盛り付けが悪く、全然おいしそうに見えませんがご容赦ください。

動画撮影サンプル

特別な設定なく撮影しています。

14秒間の短い風景動画です。

感想

ズーム機能はとても便利です。10倍程度のズームでは、画質も悪くなく、めちゃくちゃ使えそうです。

動画も手ぶれなく撮れていて満足です。

いいハードウェアを使い、ソフトウェアも調整がしてあるので、当然の結果だと思います。

それを思うと、やっぱりPixelシリーズはシングルカメラでも深度カメラを備えたボケ感を出せたりと、コスパという意味では感動クオリティなのかもしれませんね。

今回もご覧いただきましてありがとうございました。

-Huawei P40 Pro

Copyright© takasam.net , 2020 All Rights Reserved.