EUでモバイル端末の共通充電規格が2024年に実現

2022年10月4日、EU議会で、モバイル端末の充電規格にUSB Type-Cを標準規格とする新しい法案が602の賛成、12の反対、8の棄権により、可決されました。

2024年の終わりまでに、EUで販売されるすべての携帯電話、タブレット、カメラ、ヘッドフォン、ヘッドセット、ポータブルゲーム機、スピーカー、電子リーダー、キーボード、マウス、ポータブルナビゲーション、イヤーバッズ、ノートパソコンなどの100Wまでの充電に対応する機器の充電ポートはUSB Type-Cを装着することになります。

2026年4月からは、パソコンについても同様の義務が課せられるようになります。

購入者は事前に専用ラベルで充電の形式を確認でき、同時に充電器やケーブルを購入するかを検討することができます。

これにより、消費者全体で250,000,000ユーロ(約359億円)の費用削減ができるとの見込みです。
また、未使用の廃棄される充電器はEU全体で年間11000トンともされており、これらの削減にもつながります。

欧州委員会はワイヤレス充電についても、一企業による独占を防ぐため、同様に標準化を進めており、2024年までに要求をまとめる予定です。

ワイヤレス充電が徐々にテクノロジーの主流になりそうですが、標準化されることでメーカー、ブランドに縛られることがなくなるため、ユーザーにとってはありがたいことですね。

こうしたEUの取り組みが、少なからず世界の各市場に影響を与えるものと思われます。

▼欧州議会のプレスルーム
https://www.europarl.europa.eu/news/en/press-room/20220930IPR41928/long-awaited-common-charger-for-mobile-devices-will-be-a-reality-in-2024


しむまる
しむまるhttps://takasam.net
2000年以前から携帯電話好きで、2008年からはスマートフォンに興味を持ち、多数の機種を触ってきたスマホオタクです。 SIMカードにも知識があり、SIMカードのカスタマーサポートも経験。現在はフリーランスでSIMカードやIoTデバイスの検証、カスタマーサポートをやっています。

コメント

返信する

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


人気の投稿