みなさんこんにちは。

シャープのスマホ大好きな管理人です。

そんなシャープから、新しくフラッグシップモデルのRシリーズ、AQUOS R7が発表されました。AQUOS wish2と同様に2022年5月9日に発表となりました。

発売予定のキャリアは、ソフトバンク、NTTドコモです。

オープンマーケット(SIMフリー)は検討中とのことです。

ソフトバンクでの発売は、2022年7月上旬以降、NTTドコモでの発売は、2022年7月下旬以降となっています。

AQUOS R7外観

シャープホームページより

今回もライカとの協業によるカメラを搭載しており、写真撮影がウリの製品となります。

デザインはR6のカーブディスプレイから一転して、フラットな形状のディスプレイ、カラーリングもソリッドな感じで、高級感が向上していますね。

個人的にはカーブディスプレイもかなりお気に入りなのですが、最近のトレンドはやはりフラットなようですね。

AQUOS R7スペック表

ブランド名AQUOS R7
OSAndroid 12
サイズ/質量測定中
CPUSnapdragon 8 Gen 1 Mobile Platform
2.9GHz+1.7GHz オクタコア
内蔵メモリ12GB RAM/256GB ROM
ディスプレイ約6.6インチWUXGA+(1,260 × 2,730ドット)Pro IGZO OLED
アウトカメラ有効画素数 約4,720万画素 CMOS
F値1.9レンズ[焦点距離19mm相当]電子式手ブレ補正有効画素数 約190万画素 測距用センサー
インカメラ有効画素数 約1,260万画素 CMOS
F値2.3レンズ[焦点距離27mm相当]
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
BluetoothVer.5.2
バッテリー容量5,000mAh(内蔵電池の標準容量)
防水/防塵IPX5・IPX8/IP6X
生体認証顔認証、指紋認証(3D超音波指紋センサー「Qualcomm 3D Sonic Max」)
その他の機能おサイフケータイ/NFC
AQUOS R7スペック表

ソフトバンク、NTTドコモ版ともにnanoSIM+eSIMのデュアルSIM構成です。

ディスプレイはPro IGZO OLEDを採用しており、日本の工場で製造している最新技術を搭載したディスプレイのようです。

ディスプレイのガラスには、「Corning Gorilla Glass Victus」を採用し、強度が増しています。

バッテリーは大容量5,000mAhと大きく長時間の利用も可能になっています。

CPUはSnapdragon 8 Gen 1を採用しているため、発熱が気になるところですね。

Snapdragon 888との比較は、AI性能が50%アップ、GPU性能が44%アップ、CPU性能が11%アップと、特にAI性能、GPU性能に進歩があります。

カメラでは、新たに搭載した「Octa PD AF」により、AQUOS R6の2倍のスピードでピントを合わせることができるようになりました。

通信は5G Sub-6に加え、ミリ波にも対応、5G SAにも対応しています。Dual Connectivity技術により、理論上最大4.9Gbpsの高速通信を利用可能になっています。

▼SHARP公式ページのプレスリリースはこちら

https://corporate.jp.sharp/news/220509-e.html

▼ITmedia紹介ページはこちら

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2205/09/news075.html

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA