本日発売 Redmi Note 11 Pro 5Gがオススメな理由(2022年5月30日)

みなさんこんにちは。

暑いけど、清々しさが残る5月の終わりですね。

本日2022年5月30日に、XiaomiのRedmiブランド、Redmi Note 11 Pro 5Gが本日発売となりました。

おめでとうございます!

Redmi Note 11 Pro 5Gの特徴

税込44,800円と、スペックからいうとかなりコスパの高いスマホと言えます。

  • CPUはSnapdragon 695 5G
  • メモリ6GB(RAM)/128GB(ROM)
  • Andorid 11
  • nanoSIM+eSIM DSDV対応
  • 6.67インチフルHD+有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート120Hz
  • Corning Gorilla Glass
  • 1億800万画素カメラ
  • NFC/おサイフケータイ対応
  • 防水性能IPX3

と、これだけでもかなり欲しいな~と思っているところです。

この価格帯でいうと正直今のところ、トップと言える性能と感じています。

moto edge 20 fusionの特徴

ちなみにこの機種と対抗になりそうなスマホはこちら、moto edge 20 fusionです。

価格は43,800円(税込)です。

  • CPUにはDimensity 800U
  • メモリは6GB/128GB
  • Andorid 11
  • nano SIM+nano SIM DSDV対応
  • 6.7インチフルHD+有機EL
  • リフレッシュレート90Hz
  • 1億800万画素
  • 防水性能IPX2

性能面では、若干Redmi Note 11 Pro 5Gになりますが、メーカー価格が1000円安い、市場価格はさらに下がる点から、購入の候補にはなると思います。

moto g52j 5Gの特徴

その他にスペックが似ている製品としては、moto g52j 5Gです。価格は39,800円(税込)と手ごろな価格設定になっています。発売日は2022年6月3日とRedmi Note 11 Pro 5Gよりも少し遅いです。

防水防塵IP68に対応しているところを見ると、こっちの方がいいんじゃない?と感じてしまうくらい。有機ELでなくIPSディスプレイという点を除いては、価格面でも優位な製品でこちらに投票したくなりますね。

  • CPUはSnapdragon 695 5G
  • メモリは6GB/128GB
  • Andorid 11
  • nano SIM+eSIM DSDV対応
  • 6.8インチフルHD+ディスプレイ
  • リフレッシュレート120Hz
  • メインカメラ5000万画素
  • NFC/おサイフケータイ対応
  • 防水性能IPX8

ディスプレイ性能こそIPSディスプレイですが、それ以外はRedmi Note 11 Pro 5Gと同じくらいの性能になっています。

また、防水防塵IP68に対応する点は、Redmi Note 11 Pro 5Gを超える性能です。

まとめ

moto g52j 5Gを若干推してしまいましたが、有機ELという点では、Redmi Note 11 Pro 5Gが捨てがたいです。

確かに、moto g52j 5Gでは39,800円、IP68の防水防塵対応ですが、有機ELのリッチ感は捨てがたいところです。数年使いたいユーザーは、有機ELのRedmi Note 11 Pro 5Gを検討してみてはいかがでしょうか。

楽天モバイルホームページより

楽天モバイルなら、初回の楽天モバイルのお申し込みで、20,000の楽天ポイント還元を受けることができ、実質22,980円で購入できます。



その他、OCNモバイルONEでも取り扱いが開始されました。

OCN モバイル ONE 【NTTコミュニケーションズ】|ドコモのエコノミーMVNO
 今回もご覧いただきまして、ありがとうございました。

しむまる
しむまるhttps://takasam.net
2000年以前から携帯電話好きで、2008年からはスマートフォンに興味を持ち、多数の機種を触ってきたスマホオタクです。 SIMカードにも知識があり、SIMカードのカスタマーサポートも経験。現在はフリーランスでSIMカードやIoTデバイスの検証、カスタマーサポートをやっています。

コメント

返信する

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


人気の投稿