UMIDIGI A3Sストレージが16GBって大丈夫なの?

みなさんこんにちは。

UMIDIGI A3Sのストレージが16GBという点は結構ネックになると思いますが、こう割り切って使えばいいじゃないかなというご紹介です。

ちなみに私のUMIDIGI A3Sはこんな感じです。

空き容量は4.34GBです。

PayPayやドキュメント閲覧、SNS、動画視聴アプリなどをインストールしていくとあっという間に空き容量4.3GBになりました。

空き容量が少ないと動作はもたつく?

全然そんなことないんですよね。

普通に使えます。

上の写真のような私の状況では、全然サクサクにUIは動いています。

ということは、容量ぎりぎりまで色々詰め込んで良いと思います。

Android 2.2とか4.1の頃は、ストレージが512MB〜2GBあたりで、相当足りなくてキャリアのプリインストールアプリをどうやって削除すりゃいいんだーなんて必死にゴニョゴニョしてましたが、この端末ではそこまで心配する必要はありません。

AnTuTuスコアは7万台なので、パフォーマンスは期待できませんが、今どきのダウンロード容量が2GBを超えるようなアプリ1個くらいは入れても問題ありません。

microSDカードをうまく使う

UMIDIGI A3Sは2枚のSIMを使いながら、同時にmicroSDも使うことができます。

過去のHuaweiやASUSの製品などでは、microSDを挿してしまうとSIM2が使えないという状況でした。

この仕様は最近増えてきましたが、結構便利です。

この点はデュアルSIMで使うユーザーにはありがたい構造ではないでしょうか。

microSDを使うと、撮影した写真や動画を直接microSDに保存でき、内部ストレージの圧迫を抑えることができます。

また、これはフォーマットが必要になりますが、仮想的な内部ストレージとしても利用することができます。

こうした使い方もできるので、ストレージが多少少なくても、なんとかやりくりできるんです。

アプリの本体のデータは内部ストレージ内に入りますが、データはmicroSDに入りますので、内部ストレージの圧迫を防ぐことができます。

個人的印象ですが、UI操作はかなり軽快です

個人の感想で恐縮ですが、UIの操作はかなり軽快にできます。

メモリ2GB,内部ストレージ16GBと思えない印象です。

なので、ゲームをバリバリやるという目的や、カメラできれいな写真を撮りたいという目的でなければ、問題なく使える端末だと思います。

内部ストレージは少ないですが、マルチキャリアに対応しており、日本ではNTTドコモ、au 、ソフトバンクともに対応していますので、安心して使えるスマホだと思います。

インストールするアプリを考えて、microSDカードをうまく使いながら使えば、大きな問題は出てこないのではないでしょうか。


さて、今回は内部ストレージ16GBをどうもらえて、どう乗り越えるかを紹介しました。

今回もご覧いただきましてありがとうございました。

最新OS Android 10を気軽に楽しめる技適認証済みスマホです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です