Redmi Note 9Sレビュー

今回はRedmi Note 9S(グレイシヤーホワイト)を購入しましたので、レビューします。

私は4GB / 64GBを購入しました。ゲームをバリバリやるわけでもないので、これでいいかなという考えのもと選択しました。

予算に余裕があったり、2~3年使い倒すんだ!という場合は、6GB / 128GBをおすすめします。

パッケージ内容、製品外観

箱はシンプルです。

ケース、USBケーブル、ACアダプタが同梱されています。

ケースはカメラの出っ張りを守ってくれるような形状になっています。

フィルムは最初から取り付けられていますので、細かい作業が苦手な場合も安心です。

Type-Cインターフェースを採用しており、3.5mmイヤフォンジャックも健在です。

付属のTPUケースはType-Cのコネクターを保護するキャップが付いています。

ピンホールタイプのディスプレイです。ノッチがないので、自然な感じで、アプリ操作をしたり、動画を見ることができます。

背面にはスクエア型のクアッドカメラを搭載しています。

本体右側面に、指紋センサー兼電源ボタンと、ボリュームボタンが配置されています。

本体左側面に、SIMスロットが配置されています。

SIMスロットはデュアルSIMで、microSDは専用スロットで、SIM1/SIM2とも利用しながら同時にSDカードを利用することができます。

SDカードは最大512GBに対応しています。

手持ちの機種のHuawei P40 Proと比較すると、P40 Proより一回り大きい印象です。

左:Redmi Note 9S、右:Huawei P40 Pro

OSはAndroid 10、UIはXiaomi独自のMIUI 11を採用、なめらか、スムーズ

UI(ユーザーインターフェース)はXiaomi独自のMIUI 11を採用しています。

昔カスタムROMをめちゃくちゃ触っていた時期に、MIUIのカスタムROMを見つけてインストールして楽しんでいたことを思い出します。

Redmi Note 9Sに搭載されているMIUIのバージョンは、MIUI11と最新バージョンを搭載しています。

ジェスチャー操作に対応しており、フルスクリーンに切り替えて、戻るやホームなどの操作を親指一つで操作できます。

デフォルトは3点ボタン(戻る、ホーム、タスク)になっていますが、ジェスチャーが意外と便利なのでおすすめです。

→ 【更新】すみません。この端末はジェスチャー向きではないと感じ始めました。フリックの「ん」の操作と干渉します。Huawei P40 Proでは感じることがありませんでしたが、この端末は結構「ん」の入力でアプリが終了する・・・なんてことになりました。なので、3点のボタン式がオススメです。

ただし、ジェスチャーもやっぱり捨てがたいです。その場合は、キーボード(Gboard)の設定で、「フローティング」を選択しましょう。

Android 10を搭載しており、ダークテーマに対応しており、早速ダークに変更しました。目に優しく、快適な操作ができます。

スクリーンショットの撮影はスクロールした状態で長く撮影できます。これも便利な機能です。

この価格でここまでの製品が手に入るようになり、今更ながら、Covia CP-D01なんかを頑張って使っていたころを、まるで夢を見ていたかのように思い出します。(笑)

AnTuTuベンチマークスコアは25万程度

AnTuTuのベンチマークスコアは25万程度で、価格を考慮すると素晴らしいパフォーマンスだと思います。

意外と防滴対応。ただし防水ではないので注意

防滴に対応しているとのことです。

私はジョギングを毎朝しているので、急な雨でも困ることが無さそうで安心です。

ただし防水ではないので、大量の水が長時間付着するようなことは避ける必要があります。

また、スピーカーやイヤフォンジャックからの流入は浸水の危険性を伴いますので、水が掛かる可能性がある作業をすることがある場合は、これらの穴はあらかじめテープで止めるなどの対応をしておきましょう。

端末壊したーってことになってほしくないので、もう一度言いますが、防滴です。防水ではありませんので、多くの水しぶきや水が掛かるところに、端末を持っていくことは避けましょう。

数時間触ってみて感じたこと

意外にもLEDランプが上部のレシーバ(スピーカー)部分に搭載されています。

充電中はランプでもわかるので便利です。(非常に小さいですがランプが付いています)

私のキーボード使いこみすぎでギラギラしていてすみません。わかりにくいですが、上部に小さい白い光が出ていることが確認できます。

Rakuten UN-LIMITとBIGLOBE(タイプA)を同時待受けしていますが、どちらも問題なく発着信できています。

ちなみに、Rakuten UN-LIMITの動作状況ですが、APN設定はプリセット済みで、Rakuten Linkを使った通話、SMSが利用できました。

楽天公式では、一部対応という状態です。

UIの操作はとてもスムーズでこの値段でとても感動しています。

24,800円の価格を考えると、OPPO R15 Neoなども使ったことがありますが、カメラの面ではあの端末よりも優れていますし、Type-Cインターフェース採用や、5020mAhのバッテリー、急速充電対応なども評価できるポイントです。

カメラの性能は次回のレビューで見ていきたいと思いますが、自然な色合いで撮影できているように思います。

Huawei 端末に比べると、シャッター音が若干大きい気がします。

カメラUIはBlack Shark2とほぼ同じですね。

またBlack Shark2と違い、シャッター音をOFFにする機能がないので、日本市場向けにカスタマイズされているように感じます。

今後のレビューで、Huawei P40 Proとも結果画像を比べてみたいと思います。

今回紹介している商品はコチラ

格安SIMとのセットでは、さらにお得に購入できます。

4GB / 64GB

6GB / 128GB

今回もご覧いただきましてありがとうございました。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


More from Author

おすすめの記事

AQUOS sense5G初回生産分にハードウェア...

みなさんこんにちは。 私も2021年12月からAQUOS sense5G(ドコモ版)SH...

OCNモバイルONEでUnihertz Jelly...

みなさんこんにちは。寒さも少しだけ和らぎ、夜明けが少し早くなった今日この頃ですね。 さて...

イオシスの中古スマホ特価販売情報。あのZenfon...

みなさんこんにちは。 高級なiPhone 13シリーズも魅力ですが、実用的なスペックで、...

OCNモバイルONEでセールが開始 2022年2月...

みなさんこんにちは。 今回は2022年1月21日より始まった、OCNモバイルONEの端末...

楽天モバイルのエリアの現状は?(2022年1月)

みなさんこんにちは。 私もサブ用の回線として楽天モバイルを利用しています。 私の住...

moto g31が発表。有機EL搭載4Gスマートフ...

みなさんこんにちは。 motorolaより、moto g31が発表されました。moto ...

AQUOS wishが楽天モバイルから発売。202...

AQUOS wishは、ミドル・ロー寄りのスマートフォンです。 NFCやおサイフケータイ...

arrows We F-51Bスペック情報

みなさんこんにちは。 NTTドコモより、arrows We F-51Bが2021年12月...

プリペイドSIMって何?

みなさんこんにちは。 今回は、「プリペイドSIM」について紹介したいと思います。 ...

使い道色々。楽天モバイルの使い方を考えてみた

みなさんこんにちは。 今回は楽天モバイルの使い方について考えてみました。 楽天モバ...

スマホのリフレッシュレートとは?iPhone、An...

みなさんこんにちは。 今回はリフレッシュレートについて紹介したいと思います。 スマ...

AQUOS zero6 (楽天モバイル版)にアップ...

みなさんこんにちは。 楽天モバイルのAQUOS zero6を使い始めて、2ヶ月になります...