Xiaomi Redmi 9Tレビュー

今回はXiaomi Redmi 9Tをご紹介したいと思います。

またまた懲りずに購入してしまいました。

価格はローエンド並みですが、スペックなどはミドルエンドで気になっていた端末です。

今回はそんなRedmi 9Tを紹介したいと思います!

Redmi 9Tスペック

スペックはこちらの通りです。

・メモリ:4GB RAM + 64GBストレージ(UFS2.1)
・OS:MIUI 12(Android 10)
・サイズ、重量:162.3mm x 77.3mm x 9.6mm, 198g
・ディスプレイ:6.53インチ FHD+2340x1080)ディスプレイ 395ppi
テュフラインランド低ブルーライト認証、Widevine L1認証
・チップセット:Qualcomm Snapdragon 662 (11nm)
・バッテリー:6,000mAh18W急速充電対応)、待受時間28日
・インターフェース:Type-C、3.5mmイヤフォンジャック
・リアカメラ:4800万画素+800万画素(超広角)+200万画素(マクロ)+200万画素(深度)
・セルフィーカメラ:800万画素
・位置情報:GPS/A-GPS/GLONASS/Beidou/Galileo
・生体認証:サイド指紋センサー、顔認証
・対応周波数
4G: TDD-LTE: B38/40/41(2545-2650MHz)
4G: FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
2G: GSM: B2/3/5/8
 3G: WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth: 5.0
・その他:防滴、Hi-Res Audio認証
・付属品:ACアダプタ、USB-Cケーブル、SIM取り出しピン、保護ケース、ユーザーガイド、保証書

・価格:17,490円(税込)

1万円後半のエントリー~ミドルエンドモデルです。

チップセットにはSnapdragon 662を搭載しており、この価格で、Full HD+解像度に対応していたり、4800万画素のクアッドカメラを搭載するなど、見どころの多い機種です。

パッケージ、外観など

外箱には、本体の写真が掲載されています。

箱を開けると、薄い箱が入っています。

この中には、SIMピン、ユーザーガイド、TPUケースが入っています。

続いて、本体が入っています。

本体裏面にはIMEIやシリアルが印刷されたシールが貼られています。

その他の付属品はACアダプタと、USB Type-Cケーブルです。

本体はプラスチック製で、光が当たるとカメラ付近から光が出ているような効果が見えるようになります。プラスチックと塗装だけでそんな効果が出せるものなんですね。

フロントディスプレイは、水滴型ノッチになっています。液正面には最初からフィルムが貼られています。

手に取ってみると、198gありながら、意外と重量を感じない感じに仕上がっています。

右側面には、指紋認証センサーとボリュームキーが配置されています。

左側面には、SIMトレイが配置されています。

上部にはイヤフォンジャックがあります。

充電ポートは本体下部にあり、Type-Cとなっています。

UI、OS設定など

Android 10ベースのMIUI 12がプリインストールされています。

おすすめアプリのフォルダやNetflixなどが入っています。

購入時には64GBのうちの17.8GBが使用済みになっています。

システム画面は以下のとおりです。

クイックパネルです。

日本の技適も取得済みで日本国内でも安心して利用できます。

ベンチマークスコア

Geekbench5でスコアを計測してみました。

シングルコア:312、マルチコア:1255でした。

続いてAnTuTuベンチマークです。

トータルスコアは173,158でした。普段使いには問題ないスコアです。

マルチタッチ

マルチタッチは10点でした。

写真撮影

カメラUIです。

AIがデフォルトでONになっています。

晴天の環境下での撮影を試してみました。

あまり写真撮影を試していませんので、試しましたらまた改めてご紹介します。

位置測位

受信感度は良いです。室内でGPS testを試してみましたが、下のスクリーンショットの通りです。

Redmi 9Tを使ってみた感想

198gだけど軽い

200g程度なので、若干ずっしり感があるかと思っていましたが、180g前後のスマートフォンとそれほど違いを感じませんでした。

フィルム、ケースも付属。使い始めにも安心

事前にケースやフィルムを用意する必要がないので、楽に使い始めることができます。

画面の横スクロール時に若干カクツキが発生するが、問題ないレベル

Snapdragon 662を搭載していますが、MIUIが爆速というほどではなく、スクロールはたまにカクツクことがあります。ただし、たまになので問題ありません。

指紋認証は結構早い。失敗することもある。

指紋認証は早いですが、私の指では度々失敗しています(笑)。

まとめ

17,490円(税込)で購入できるSnapdragon 662搭載機です。最近主流のミドルレンジスマートフォンではSnapdragon 662が搭載されているものが多く、その中でも「最安値」といえるスマートフォンです。

6,000mAhというバッテリーが魅力です。多くても5,000mAhでしたが、今回は国内最高峰といえる6,000mAhが搭載されています。また、1,000回までの充電に対応できるという品質になっています。

moto e6sなどの同じ価格帯の端末が押しつぶされた形になるのではないでしょうか。

Redmi 9Tにオススメの回線は?

楽天モバイルでの利用を試してみましたが、問題なく動作しました。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

Redmi 9Tで楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」を試してみました

1年間通信料無料で、1年経過後も1GBまでは0円で利用できる、なんとも良心的なプランです。

~1GB 0円(2回線目以降980円)
~3GB 980円(税込1,078円)
~20GB 1,980円(税込2,178円)
20GB~(楽天モバイルエリア外では最大1Mbps) 2,980円(税込3,278円)
楽天モバイル

今回紹介した商品はこちらです

Redmi 9TはAmazonなどのECサイトでも販売されています。 Amazonなら、翌日には到着するので、便利に購入できるのではないでしょうか。

今回はRedmi 9Tを紹介しました。 今回もご覧いただきましてありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です