【レビュー】UMIDIGI Uwatch 3 を開封して使ってみました

みなさんこんにちは。TAKAです。

先日注文したスマートウオッチが到着しましたので早速開封してみたいと思います。

5年前のスマートウオッチの出来事がトラウマで、しばらくスマートウオッチには目もくれていませんでしたが、ここにきて中国ブランドの安価な製品が出回ってきまして、今回Uwatch 3を買ってみました。

スマートウオッチは超初心者なので、いろいろ使って勉強してみたいと思います!

ギフトボックスと付属品

ギフトボックスは、時計と同じ雰囲気の箱です。

付属品は充電ケーブル、Welcomeカード、取扱説明書です。

本体の外観

本体の裏には心拍数計測のセンサーが付いています。

外観はプラスチックですが、色合いと質感は3,969円を感じさせません。

日本語対応した取扱説明書

日本語の説明書もちゃんとあります。

電源の入れ方、切り方

全くわかりませんでしたが、最初に充電ケーブルを接続すると画面が表示されます。

設定メニューから、シャットダウンを選択すると電源をOFFにできます。

Uwatch 3のメニュー画面

まずは時計の画面です。

持ち上げON、心拍数モニターONなどの設定項目の画面です。

スポーツのトラッキング、心拍数、リラックス、アラームなどのメニューがあります。

こちらは音楽コントロール、タイマー、設定、運動記録です。

時刻合わせ

調べてみましたが、本体で直接合わせる機能はありませんでした。
スマホと連携すると、自動的に時間がセットされます。

Androidスマホとの連携

今回UMIDIGI A3Sとペアリングして、アプリから連携設定してみました。
時刻合わせが単体でできませんので、この設定は必須だと思います。

Playストアから連携設定用のアプリをインストールします。

このアプリをインストールして、スマホ側のBluetoothをONにします。

アプリを起動して、uwatch 3を選択します。

そして連携が完了すると、身長、体重などの項目を設定していきます。

年齢や身長、体重などをセットします。

すべて終わるとこちらの目標画面に移行します。

少々使ってみた印象

バッテリーの持ちは本日試しただけでは問題なく使えています。

メッセージの確認や運動履歴の管理などを今後試していきたいと思います。

コンテンツは随時更新しています!

UMIDIGI Uwatch 3のコンテンツは随時更新しています!
最新のコンテンツはコチラ!

【運動管理】スマホと一緒に防水スマートウォッチはいかがですか?

今回もご覧いただきましてありがとうございました(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です