総務省、楽天モバイルに5G通信用の1.7GHz帯(東名阪以外)の割り当てを認定

みなさんこんにちは。

2021年4月14日、総務省は、楽天モバイルに5G通信用の1.7GHz帯(東名阪以外)の割り当てを認定しました。総務省では、2021年2月12日から2021年3月15日までの間、基地局開設の申請を受け付けていましたが、NTTドコモ、KDDI/沖縄セルラー、ソフトバンク、楽天モバイルの4社から申請があり、審査の結果、楽天モバイルの開設計画に認定を出したとのことです。

Image: 総務省

総務省から付与するための条件として、多様なサービス、光ファイバー網の確保、基地局設置場所の確保、工事業者との協力、技術者の確保、サイバーセキュリティ対策など、さまざまな条件が出されています。

楽天モバイルユーザーとしては、4G、5Gの整備が同時にできればうれしいですが、ローミングではなく、自社回線による4Gの基地局整備をお願いしたいものです。

▼楽天モバイルでは3ヶ月無料のキャンペーンを実施中



今回もご覧いただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です