moto e7 powerを5日使ってみた感想。moto e7 powerがいいなと思う5つの理由

前回のレビューから5日が経過し、一通り使いきった感じがするmoto e7 powerです。

かなりローエンドといった印象ですが、愛着が湧いてくるそんな一台になりました。

今回はmoto e7 powerがいいなと思えた5つの点をご紹介します。

5,000 mAhバッテリーで一日は完全に余裕

Android 10と5,000 mAhのバッテリー、チップセットのHelio G25の組み合わせの効果か、バッテリー持ちは非常に良いです。インターネット検索をしたり、YouTubeを見たり(1日4時間程度)、写真を撮影したり、通話したりといった使い方がメインですが、一日でバッテリーが切れることはまずありません。待受け専用なら2日以上も問題なさそうです。

Bluetooth接続が意外と安定している

BluetoothイヤフォンのSOUNDPEATS TrueFree+とペアリングしてYouTubeを見たり通話をしていますが、ブツブツといったノイズもなく、クリアな音質で楽しめています。

カメラのシャッター音を消音できる

カメラのスペック自体は決して良くありませんので、画質面についてはノーコメントですが、シャッター音が消せる仕様(デフォルト値はオン)になっているため、カメラの設定画面から、シャッター音をオフに切り替えることができます。音が鳴らないと煩わしくないため、画質が悪いながらもいつもより写真をたくさん撮影してしまいます。

LEDの通知ランプが便利

iPhoneが通知ランプを搭載していないことが原因かわかりませんが、最近のAndroid端末は、LED通知ランプ非搭載の端末が増えつつあります。しかし、moto e7 powerにはLEDランプがついているんです。白色のLEDが、LINEのメッセージ着信の際などにLEDが光ります。

Googleアシスタントボタンが意外と活躍

最初のレビューで、Googleアシスタントボタンが搭載されていることを紹介しました(写真の一番上のボタンです)。moto e7 powerは文字入力がもたつくほどローエンドというわけではありません。ですが、ついつい検索時に使ってしまうGoogleアシスタントボタンです。よく考えると目が不自由な方や、ご高齢の方には文字を入力しなくても検索したり、電話かけたりできるので、便利に使えることをは間違いありません。画面がロックされている状態でもアシスタントの機能は利用可能です。

今回紹介した商品はこちらです

Amazonなら、翌日には到着するので、便利に購入できますね!

今回はmoto e7 powerを紹介しました。 今回もご覧いただきましてありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA