Huawei P40 Pro

Huawei P40 Pro レビュー(8)Microsoft OneDrive、OneNoteを使う方法

みなさんは仕事やプライベートでMicrosoftのクラウドサービスを利用していませんか?

OneDriveOneNoteは、PCやスマホ間で連携して便利に同期できるため、利用している方も多いのではないでしょうか?

ちなみに、OneDriveはGoogle Driveと同じような機能で、クラウドにファイルを保存することができる機能です。

OneNoteはKeepメモと同じような機能で、クラウドにメモデータを保存できる機能です。(個人的にはUIはOneNoteより、Keepメモが優れていると思います(笑))

iPhoneやGoogleサービスに対応したスマホでは、MicrosoftのOneDriveやOneNoteといったサービスは自由に使うことができますが、Googleサービスに対応しないHuawei P40 Proでは少し工夫が必要です。

AppGalleryには、「OneDrive」も「OneNote」もありませんでした。

そんな現状を踏まえ、今回は、Googleサービスに対応しないHuawei P40 ProでOneDriveOneNoteを利用する方法を紹介します。

Amazonアプリストアを利用する(OneDrive)

掲載されているバージョンは2018/11/02の更新バージョンで、Playストアで公開されているバージョンは最終更新が2020/07/30と、1年半以上前のバージョンとなります。

インストールして利用してみたところ、問題なく利用できました。

Playストア版のもとの比較してUI(ユーザーインターフェース)が若干古く、ダークテーマに対応してないなど若干マイナスなポイントがありますが、実用には問題ありません。

AmazonアプリストアにOneNoteはありませんでした

残念ながら、AmazonアプリストアにはOneNoteはありませんでした。

安全にOneNoteを使うには?

ブラウザが一番安全だと思います。

OneNoteサイトからログインして利用できます。

スマホの画面では少々操作しにくいです。

画面を横向きにして利用すると少し使いやすくなります。

APKPureでOneDriveとOneNoteをダウンロードして使う

これが一番オススメの方法です。

高速アプリからAPKPureを起動して検索してみます。

2020/8/14時点でAPKPureに公開されているOneDriveのバージョンは、6.10で、Playストアで公開されているバージョンは6.11なので、少し古いですが、最新版と遜色がないバージョンです。

OneNoteを見てみるとAPKPureで公開されているバージョンは16.0.13001.20250と、Playストアで公開されているバージョン16.0.13001.20250と同じバージョンになっています。

Huawei独自のチェックシステムでも、「リスクは検出されません」と表示されていますので、ウイルスなどの危険は無さそうです。

APKPureを使うのは躊躇するという方もいるとは思いますが、これらの情報や、APKPureのポリシーなども踏まえて私は使ってもいいなと、判断しました。

OneDrive、OneNoteともに問題なく動作しています。

問題なく動作するところを見ますと、Googleのフレームワークに依存していないものと想像されます。

まとめ

今回はHuawei P40 ProでMicrosoftの OneDrive、OneNoteを利用する方法を紹介しました。

AppGalleryに2020/8/14時点では掲載されていませんが、APKPureを利用することで比較的新しいバージョンのアプリをインストールして利用することができます。動作上も問題ありません。

セキュリティ面が心配だという方には、AmazonアプリストアからもOneDriveをインストールできますので、試してみてはいかがでしょうか。(AmazonアプリストアにはOneNoteのアプリは無いため、ブラウザで利用することになります)

ご覧いただきましてありがとうございました。

-Huawei P40 Pro

Copyright© takasam.net , 2020 All Rights Reserved.