UMIDIGI BISON Proを購入。とても快適で楽天モバイルユーザーにもおすすめ

みなさんこんにちは。

UMIDIGI好きな管理人です。

というよりも最近はRugged Phone(タフスマホ)にはまってます。

OukitelのIIIF150 B2021を使い始めて、その良さを認識したイメージです。特にB2021では、そのバッテリーの持続性、筐体の強靭性に感動を覚えました。

今回は気になっていたのは、BISON Proです。CPUにMediaTekのHelio G80を搭載しており、処理性能には問題がない印象です。

ディスプレイ解像度もFull HD+解像度を採用しており、安価な製品のHD+解像度と比較すると文字のにじみもなく、目に優しいと言えます。

購入したショップさんは、「イエスモバイル」さんです。楽天市場やヤフーショッピングでおなじみのセラーさんです。

イエスモバイルさんのショップは実は、楽天市場などに比べると、安く購入することができます。数千円〜4,000円程度なので、イエスモバイルさんでのお買い物は、自前のオンラインストアがおすすめです。

https://www.yesmobile.jp/

イエスモバイルさんで購入するメリットは、なんと言っても日本語サポート、12ヶ月間の保証です。

Amazonのセラーさんなどは日本語のサポートがうまくできない方たちもいらっしゃいますので、この点は大きなメリットと言えます。

今回、タフスマホにハマっているので、ついBISON Proを購入してしまいました。

UMIDIGI BISON Proのスペック

ミドルレンジスマートフォンという印象です。カメラのスペックも良く、普段の利用にも悪くないスペックです。

ブランド UMIDIGI
製品名 BISON Pro
OS Android 11
プロセッサ MediaTek Helio G80, 2xCortex-A75 + 6xCortex-A55, up to2.0GHz
サイズ 164mm x 79.6mm x 12.7mm
重量 265g
メインカメラ 4800万画素ソニ製メインカメラ, 1/2"イメージセンサー, 1.6μm 4-in-1 スーパーピクセル, 絞り値 F/1.8, 6枚レンズ
1600万画素 超広角レンズ, 画角 170°
500万画素 マクロカメラ, 2.5cm接写
セルフィーカメラ 2400万画素ソニー製セルフィーカメラ
絞り値 F/2.2
ディスプレイ 6.3インチ FHD+
アスペクト比 19 : 5.9
FHD+ ディスプレー (2340 x 1080)
Bluetooth Bluetooth 4.2, Bluetooth HID
Wi-Fi  IEEE802.11 a/b/g/n/ac
ネットワーク

(4G)FDD-LTE: B1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B /66
TDD-LTE: B34 /38 /39 /40 /41

(3G)WCDMA: B1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
TD-SCDMA: B34 /39

(CDMA) BC0 /BC1

(2G)GSM: B2 /B3 /B5 /B8

位置測位 GPS/Glonass/Galileo
付属品 本体
保護シール(貼付け済み)
Type-C ケーブル
電源アダプタ
SIM ピン
クイックスタートガイド

スペックとは関係ありませんが、UMIDIGIはカメラのシャッター音が鳴らないので、この点は他のブランドと比べると、使い勝手が良いと思う機能です。

また、UMIDIGIの製品は技適を取得しています。このBISON Proも取得済みです。

UMIDIGI BISON Proの外観など

すでに色々とインストールしてしまった状態です。(笑)

ディスプレイが黄色いのは夜間モードを有効にしているため
USBポートはType-C
イヤフォンジャックは本体上部に搭載
赤色のボタンは体温計ボタン
赤色のボタンは水中撮影用カメラボタン

ラバーの外観がゴツゴツしたイメージを和らげてくれています。手触りも良いです。寒い時期にひんやりして嫌だな〜ってこともないでしょう。

カメラはトリプルカメラです。

カメラのフォーカスもとても早くて、手軽に写真も撮れると思います。

ディスプレイは6.3inch、フルHD+解像度になっています。

画面はとてもきれいです。解像度も高く、10点マルチタッチに対応しています。感度もB2021よりもとても良く、文字入力時のイライラもありません。

Google Fitの動作もちゃんとされるので、日々Google Fitを使っているユーザーも安心です。

UMIDIGI BISON Proのベンチマークは?

UMIDIGI BISON ProのCPUはHelio G80です。P60よりもパフォーマンスが高いことを期待していましたが、意外とP60と同等な印象です。シングルコアが342、マルチコア1258でした。

BISON Proで使えるSIMカード

普通に色々と使えます。SIMの交換もSIMピンが不要なので、とても楽に交換できます。

ドコモ系、au系(povo2.0なども)、ソフトバンク系、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)も利用可能です。

私はOCNで使っていますが、povoと楽天モバイルもちゃんと使えました。楽天はAPN選択が必要です。povo2.0はAPNの登録が必要です。

ahamoももちろん利用できました。

BISON Proを使ってみた感想

BISON Proに搭載されているCPUはHelio G80と、とてもサクサクで、やっぱりHelio G25の端末などには戻れない感じです。

BISON Proの重量は265gと、最近試したIIIF150 B2021の315gに比べるととても軽量な印象です。

CPUのサクサクと相まって、かなり好印象です。最近までOPPOやXiaomiを評価していましたが、UMIDIGIブランドの製品も割といいなという評価です。

バッテリーの持ちもよく、ゲームとかやらない限り、一日は問題ないでしょう。カスタマイズされていないOSはスムーズで魅力的です。

アプリケーションからの通知はLINEなどのチャットツールをはじめとして問題なく通知されます。

タフスマホながら、ディスプレイもFHD+でタッチ感度もとても良いです。

水中撮影ができるという特徴も、一部のユーザーにとっては魅力ではないでしょうか?

キャップレスのUSB Type-Cコネクタ、SIMピンの不要なSIMトレイもとても好感が持てます。

ちょっと気になる点は、側面右下の赤色ボタン(スマートキー)です。初期設定は1回押し(シングルクリック)が水中カメラに設定されています。思いがけず触れることがありますが、その時に水中カメラが起動し、煩わしく感じます。

そこでおすすめなのが、シングルクリックを「なし」に変更することです。

BISON Proが気になった皆さんはぜひイエスモバイルさんのホームページをのぞいてみてください!

https://www.yesmobile.jp/SHOP/umidigi-bison-pro.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です