Rakuten UN-LIMIT

友人のRakuten UN-LIMITへの乗り換えをサポート

同じ岐阜県に住む、私の友人は以前からフリーテル回線を使っていて、SIMのサイズもmicro SIMでZenFone 3(そのまた昔はpriori3を使用)との組み合わせで使っていました。今よりお得に使いたいということで、今年初めに相談を受けたことがありました。

2020年4月初旬ではパートナーエリアで2GBしか使えないなど不便が多かった記憶があり、なかなかおすすめできませんでした。

現在は条件は5GB+低速時1Mbpsと改善されたため、乗り換えるのにはそろそろいいタイミングかなと思いながら過ごしていました。

ここ最近ちょくちょく楽天からRakuten UN-LIMITに乗り換えなさいというメールが来ていたようで、友人はRakuten UN-LIMITが気になっていたようです。

その友人から「Rakuten UN-LIMITの乗り換えの1年間無料ってまだ申し込める?」と質問が来たので、「300万回線まで1年間無料が適用されて、今100万位だからまだまだ大丈夫」と教えてあげました。

乗り換えにはZenFone3じゃ使えないから、新しい機種が必要で、安いものならGalaxy A7(ポイント還元16,000ポイント)、推奨機種でなくてもいいなら、au版のGalaxy A20 SCV46が安価で防水に対応しているなど、次のような機種の特徴も伝えました。

Galaxy A7はカメラがいい、フルHD+のAMOLEDで発色が綺麗で目に優しい。メモリーとストレージは4GB/64GBでディスプレイがちょっと大きい。Type-Cじゃなくmicro USB なので、ZenFone 3からの乗り換えはコネクターが違うから不便かもしれない。

対応端末

Galaxy A20はコンパクト、防水防塵対応でAndroid 10にアップデートできる。A7と比べるとメモリ、ストレージが少なく、3GB/32GB。カメラはA7と比べるとしょぼい。充電インターフェースはType-Cに対応してるから、今使っているケーブルも使える。問題は、楽天公式の推奨機種ではない点。ただ、自分は使っていて問題はない。

こんな内容で伝えたところ、au版のGalaxy A20とRakuten UN-LIMITで使うことを決めたようです。

タイミングよくSIMも端末も同じ日に到着したみたいで、早速MNP開通して、SIMを入れて起動したところ・・・

SIMロックが解除されていない端末だったようで・・・「無効なSIM」と表示されてたようです。

そこで、私がauポータルからSIMロックを解除して、無事Rakuten UN-LIMITが使えるようになりました。

Rakuten LINKを使ってログインしてね〜ということで最後伝え、無事開通は完了しました。

使ってみた友人からのコメントは、端末は安っぽくなく、やっぱり防水が安心だとのこと。39歳の私と歳は近く、友達の方が年下ですが、あまりスペックには拘らないタイプです。

肝心の回線品質は通話がやっぱりちょっと音質が悪いとのこと。ただ、通話無料と基本料無料(1年)はありがたいと言っていました。

なるほど、やっぱりパートナーエリアでの音声品質はあまりよくないですね。岐阜県はパートナーエリアなので、通話改善や本当の意味でのアンリミットになるよう、早期の自社回線整備を進めて欲しいものですね。

14,000円くらいで買ったというGalaxy A20 SCV46がSIMロック解除されていなかった点は想定外でしたが、無事Rakuten UN-LIMITとGalaxy A20 SCV46の組み合わせで使うことができるようになって良かったです。

公式サポート機種ではありませんが、Galaxy A20 SCV46もRakuten UN-LIMITで使えます!

1年間2,980円が無料キャンペーンを実施中、SIM契約手数料3,300円はポイントでバック



今回は友達のフリーテル回線からRakuten UN-LIMITの移行をサポートした体験記をご紹介しました。

ご覧いただきましてありがとうございました。

-Rakuten UN-LIMIT

Copyright© takasam.net , 2020 All Rights Reserved.