DHA Corporation Nippon SIMがアツい 日本国内向けeSIMプランが登場

みなさんこんにちは。

モバイルのプランは、皆さんどんなプランをご利用ですか?

私はプライベートはOCNモバイルONEを利用しています。

ただ、プランのデータ容量、大容量にしようか、小容量に使用かかなり迷っています。

現在は月間3GBのプランを利用しています。

仕事は基本的に家でやっているので、Wi-Fi環境が整っており、ほとんどモバイルデータを使う機会がなく、正直なところ3GBでも多いかなと思っています。

そんな中、ドコモのエコノミーMVNOとして、500MBが550円(税込)と新しいプランが発表されて、500MBにしようか・・・悩んでいたところ、Nippon SIM(DHA Corporation)の新しいeSIMプランが発表されました。

(DHA Corporation) 新eSIM製品発売及びキャンペーンのお知らせ

これがリリースされたので、早速OCNモバイルONEのプランを500MBプランに切り替えを申し込みました。適用は2022年1月からになります。

DHA CorporationのeSIMはプリペイドeSIMなので、とーっても便利に利用できます。

 

SIMパッケージの到着を待たなくていい

使い過ぎを気にしなくていい(使用終了でサービス終了)

実際午後5時ごろに注文してみたところ、30分後にはQRコードが添付されたメールが届きました。

通知メールは迷惑メールフォルダに振り分けられることもある

私だけかもしれませんが、迷惑メールフォルダに届いていました。

メール通知がなかなか来ないなと感じたら、迷惑メールフォルダを確認してみてください。


3HK(Three)という通信事業者のようです。

香港ローミングになりますので、日本からの接続が必要になるアプリを使う際には「VPN」アプリで、日本を選択して利用する必要があります。

ただし、TikTokはSIMがセットされている場合は利用できないようです。(Android、iPhoneとも)

OCNモバイルONE(格安SIM)と組み合わせて使う場合のメリット

500MBで最低の料金(税込550円)で維持しながら、足りない分をプリペイドeSIMで補うことができます。

普段は在宅で、Wi-Fi環境を利用していますので、ほとんどパケットは利用しませんが、外出、遠出をしたときや、旅行したとき、パケットが必要になることがあります。

そうなると、500MBは少し心もとないです。

Nippon SIMのeSIMプランは15GB:2,980円(税込)、30GB:4,980円(税込)、50GB:7,980円(税込)とリーズナブルです。使用期限が2022年6月30日と、長いのも魅力です。

上記が500MBで足りない分は、Nippon SIMのeSIMに切り替えるという使い方がお得に利用できると考える理由です。

早速Nippon SIMのeSIMプラン(15GB)ドコモローミングを使ってみました

iPhone 13を使って早速セットアップしました。

私はもともとSIMの設定には慣れていますので、それほど困ることはありませんでした。

iPhoneではプラン名をデフォルトから選択するか、わかりやすいように設定することもできます。

その後、デフォルト回線とモバイルデータ通信で利用する回線を選択し、基本的な設定は完了です。

eSIM自体はAPN設定をしなくても、データローミングをOnにするだけで使えました。

格安SIMとの組み合わせで注意する点

しかし・・・忘れかけていた、iPhoneでドコモ系格安SIMを使う時の注意点・・・プロファイルのインストールが必須なのです。

普段、OCNモバイルONEを利用していますので、プロファイルをインストールしていました。

実はこのプロファイルが、eSIMでの通信に影響します。→データ通信ができません。

eSIMでデータ通信を使う際には、いったん削除しておく必要があります。

格安SIMでデータ通信が必要になった際には、再度インストールして利用しましょう。

速度も速い

ローミングSIMなので、若干のレイテンシーが気になりますが、速度自体は速いです。

平日夕方でダウンロードで70Mbps出ていました。

なかなか好感触です。現在800MB程度使っていますが、今のところ特別な速度制限などは感じていません。

VPNネコを使ってみました

一部やっぱり使いたいアプリがあり、VPNネコを試してみました。

日本に設定してみたところ、Amazon Prime VideoとPayPayは動作しました。

まとめ

有効期限が2022年6月30日と比較的長いプリペイドeSIMが破格の15GB/2,980円で登場しました。

Nippon SIMシリーズでは、ドコモIIJフルMVNO回線の10GB 180日プランが2,980円などと、物理SIMでも価格訴求のプリペイドSIMが多数ありますね。

今回のeSIMのメリットは長期間、中~大容量といったところだと思います。一方デメリットは、香港ローミングなので、VPNをつかったりする必要があるアプリもある点です。TikTokに至っては全く動作しないので、よく使うユーザーは注意が必要です。

私のおすすめは、格安SIMの通話プラン+補助的にドコモローミングをeSIMで使うという方法です。DHAのオンラインショップでの支払いはPayPal(ペイパル)にも対応していますので、支払いはPayPal経由のデビットカードなど、柔軟に選択できますね。

OCNモバイルONEは500MBが月額550円

DHA Corporation(Nippon SIM)公式オンラインショップ

 

 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


More from Author

おすすめの記事

AQUOS sense5G初回生産分にハードウェア...

みなさんこんにちは。 私も2021年12月からAQUOS sense5G(ドコモ版)SH...

OCNモバイルONEでUnihertz Jelly...

みなさんこんにちは。寒さも少しだけ和らぎ、夜明けが少し早くなった今日この頃ですね。 さて...

イオシスの中古スマホ特価販売情報。あのZenfon...

みなさんこんにちは。 高級なiPhone 13シリーズも魅力ですが、実用的なスペックで、...

OCNモバイルONEでセールが開始 2022年2月...

みなさんこんにちは。 今回は2022年1月21日より始まった、OCNモバイルONEの端末...

楽天モバイルのエリアの現状は?(2022年1月)

みなさんこんにちは。 私もサブ用の回線として楽天モバイルを利用しています。 私の住...

moto g31が発表。有機EL搭載4Gスマートフ...

みなさんこんにちは。 motorolaより、moto g31が発表されました。moto ...

AQUOS wishが楽天モバイルから発売。202...

AQUOS wishは、ミドル・ロー寄りのスマートフォンです。 NFCやおサイフケータイ...

arrows We F-51Bスペック情報

みなさんこんにちは。 NTTドコモより、arrows We F-51Bが2021年12月...

プリペイドSIMって何?

みなさんこんにちは。 今回は、「プリペイドSIM」について紹介したいと思います。 ...

使い道色々。楽天モバイルの使い方を考えてみた

みなさんこんにちは。 今回は楽天モバイルの使い方について考えてみました。 楽天モバ...

スマホのリフレッシュレートとは?iPhone、An...

みなさんこんにちは。 今回はリフレッシュレートについて紹介したいと思います。 スマ...

AQUOS zero6 (楽天モバイル版)にアップ...

みなさんこんにちは。 楽天モバイルのAQUOS zero6を使い始めて、2ヶ月になります...