Xiaomi Mi 10iはSnapdragon 750Gチップチップと1億800万画素のクアッドカメラを搭載しデビュー

Xiaomiは新しい5GのミッドレンジスマートフォンのXiaomi Mi 10iを発表しました。

端末はほとんど、昨年中国で発売された、Redmi Note 9 Pro 5Gのグローバル版です。

Xiaomi Mi 10i はとてもお値打ちな価格設定になっており、6GB+128GBモデルが、21,999インドルピー(約31,000円)、8GB+128GBモデルが23,999インドルピー(約34,000円)となっています。

フロントには120Hzリフレッシュレートに対応した、6.67インチのFHD+解像度のLCDを採用ています。注目すべき点はHDR10に対応しているところです。ミッドレンジスマートフォンには珍しい特徴と言えます。

端末内部には、QualcommのSnapdragon 750Gチップセットを搭載しています。このチップセットは5G通信(SA/NSA)に対応したモデムを搭載しています。

カメラについては、1億800万画素のISOCELL HM2のメインカメラを搭載しています。カメラは800万画素の超広角レンズ、200万画素のマクロレンズ、200万画素の深度レンズからなる、3つのカメラにより補助されています。

セルフィーカメラには、1600万画素のカメラを搭載しています。

電源には、4,820mAhのバッテリーを搭載しています。33W急速充電に対応しており、58分でフル充電が可能です。

その他の点では、3.5mmヘッドフォンジャックを搭載し、側面に指紋認証センサーを搭載しています。また、ステレオスピーカーを搭載しています。

Xiaomi Mi 10iの発売に続き、Redmi 9TとRedmi 9T 5Gを今週後半に発表予定です。

Source:Xiaomi Mi 10i debuts with Snapdragon 750G chipset & 108MP Quad-camera setup

▼楽天モバイルは8000ポイント(8000円相当)の還元キャンペーンを実施中