Samsung Galaxy Z Flip 5Gが正式に認定

Samsung Galaxy Z Flipは日本でも2月に発売され、Snapdragon 855+を搭載していますが、5Gには対応していませんでした。

画像はGSMArenaより参照

この数ヶ月、Samsungがモデル番号「SM-F707B」の5G版 Galaxy Z Flipをリリースするかもしれないとの情報がありました。

XDA Developers(開発者向けのモバイル向けOS、ROM情報などのコミュニティサイト)のレポートによると、Samsungが以前の報告に基づく同モデル番号を「Galaxy Z Flip 5G」として、認定したとのことです。

これは以前のレポートが裏付けされたことの証明となりました。

また、以前のレポートでは、韓国モデルはモデル番号「SM-F707N」となるかもしれないとのことです。

新しいモデルでは5Gをサポートし、256GBのROM、8GBのRAMを搭載します。

新色に「ブラウン」が追加され、3C Certificationによると、現行のZ Flip同様に、15Wの急速充電に対応します。

Snapdragon 865 にアップデートされるなどの情報は今のところありません。

この5G対応版の新しいモデルの登場は、8月に開催されるSamsungのイベントで行われる見込みです。

今回もご覧いただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です