Snapdragon 888を搭載したSamsung Galaxy S21のベンチマーク結果がGeekbenchに登場

最新のSamsung製フラッグシップスマートフォンGalaxy S21は、Galaxy S21、Galaxy S21+、Galaxy S21 Ultraの3機種で構成されるものと見られています。

Image: Galaxy S21 / Steve Hemmerstoffer

過去のレポートから型番は、SM-G991、SM-G996、SM-G998であることが明らかになっています。

11月にはGalaxy S21 Plusのベンチマーク結果が、Geekbenchに登場しましたが、今回、通常版のGalaxy S21がGeekbenchに登場しました。

Galaxy S21の型番はSM-G991Uと呼ばれています。

Qualcommはチップセットのコードネームをlahaniaと称しており、1.80GHz の駆動周波数となっています。これはSnapdragon 888 5Gモバイルプラットフォームのコードネームで、11月29日からの週に、Qualcommが公式に発表しています。

このチップセットと、8GB RAMを搭載し、最新のAndroid 11をインストールしています。

シングルコアのスコアは「1075」、マルチコアのスコアは「2916」となっています。

ご存知のように、いくつかの市場では、Exynosバージョンも存在します。

Exynosモデルは、次世代のExynos2100チップセットを搭載していると言われています。

Galaxy S21のスペック(噂)

スペックについては、現在噂レベルですが、下記のような特徴があります。

・6.2インチAMOLED Infinity-Oディスプレイ、パンチホールデザイン
・Full HD+解像度
・120Hzリフレッシュレート
・画面内指紋認証
・micro SDカードスロット搭載
・12GB RAM + 256GB ストレージ版も存在

日本の4キャリアからの登場も期待ですね。

Source:Samsung Galaxy S21 with Snapdragon 888 Spotted at Geekbench

▼楽天モバイルは1年間無料、今なら8,000円相当のポイント還元中!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です