海外モバイル関連

米国はファーウェイがQalcommから4Gチップセットの供給を許可される

2020年11月16日

9月の米国による禁輸措置により、ファーウェイは米国企業とのビジネスが禁止されました。

これにより、ファーウェイは台湾を基盤とするチップセットメーカーのTSMC(米国ベース)から、Kirinチップセットを調達できなくなり、Kirinチップセットを使わないスマートフォンの開発を余儀なくされました。

最新のレポートによると、Qualcommはファーウェイに4G用のチップセットを販売する許可を与えられたようです。

レポートによると、Qualcommは先週の金曜日に許可を与えられたようです。

これは、既存の米国の禁輸措置の例外として許可されています。

Qualcommの広報担当者によると、4G製品を含む多くの製品の販売ライセンスを受けたようです。

Qualcommがどの4Gチップセットを供給するかは不明です。

広報担当者は、ファーウェイがモバイルデバイス向けの4Gチップセットを利用することができるとだけ、明らかにしています。

他のライセンスについてはまだ承認されていないとのことです。

Image: Playfuldroid

Qualcommのチップセットは様々な価格帯のスマートフォンやブランドに搭載されていますが、ファーウェイはほとんどのスマートフォンに自社のKirinチップセットを搭載してきたため、主要な顧客ではありませんでした。

ファーウェイは禁輸措置前に、Kirinチップセットを備蓄していますが、2021年初めまでには使い果たす見込みです。

Source: US Allows Huawei to Receive 4G Snapdragon Chips from Qualcomm

▼楽天モバイルは1年間無料、今なら8,000円相当のポイント還元中!



-海外モバイル関連

Copyright© takasam.net , 2020 All Rights Reserved.