ASUSは5.9インチ、120HzのOLEDディスプレイを搭載したZenFone 8 Miniを開発中の可能性

ASUSはZenFone 8シリーズの開発をしていると報じられました。ZenFone 8は、昨年登場したZenFone 7 / 7 Proの後継機です。XDA Developersにより明らかになった最新の情報によると、ZenFone 8シリーズは、最大3モデルがラインナップに含まれるということでした。数日前、ASUS ZenFone 8 Flipと称されるデバイスが、Googleのサポートドキュメントに登場しました。そして最新の情報によるとZenFone 8のラインナップに、ZenFone 8 Miniとされるコンパクトなスマートフォンを含んでいます。

出版物によると、最近明らかになったASUS ROG Phone 5のカーネルソースコードに「SAKE」、「PICASSO」、「VODKA」などのコードネームが登場しています。一方、これは、これらのコードネームがZenFone 8シリーズのものかどうかはわかっていません。ZenFone 8とZenFone 8 Flipでは、最新バージョンのASUS純正「PixelMaster Camera」が搭載されています。カーネルソースコードから、Snapdragon 888チップセットが搭載されていることがわかります。

Image: ASUS ZenFone 7

ASUSのソフトウェアにおいて小型電話と言及されていることから、SAKEはZenFone 8 Miniであると可能性があるとされています。スマートフォンは、リフレッシュレート120Hzに対応した5.92インチのFHD+解像度のOLEDを搭載しているとされています。ZenFone 8 MiniはSony IMX686の6,400万画素のカメラと新しいIM663イメージセンサーを搭載しています。

PICASSOは6.67インチのSuper AMOLED FHD+ディスプレイ、2,400万画素のフロントカメラ、Sony IMX686 6,400万画素のメインカメラ、1億2,200万画素のSony IMX363、OV08Aの800万画素望遠レンズを搭載したトリプルカメラ構成です。

最後に、VODKAは参照できる情報がカーネルソースコードにほとんどなく、これがZenFone 8 Proかどうかは不明です。

Source: ASUS ZenFone 8 Mini with 5.9-inch 120Hz OLED display Could be in Works

今回もご覧いただきましてありがとうございました。

月額利用料1年間無料は楽天モバイルのみ。申し込みは4月7日まで。お見逃しなく。