iPhone関連

AppleはiPhone SE(2020)のインドでの製造をスタート

Appleはしばらくの間、インド市場向けの関税が掛からないiPhoneの製造について検討してきていました。

2017年の初代iPhone SEの現地製造を皮切りに、長年にわたりiPhone 6s、 iPhone 7、XR 、最近ではiPhone 11なども現地での製造の取り組みをさらに進めてきました。

今週の時点において、AppleはiPhone SE(2020)についても、インドでの製造を開始しました。

iPhone SE(2020)は現地製造を開始し、6番目のiPhoneとなりました。

iPhone SE(2020)はAppleの販売キャンペーンにより、35,999インドルピー(約52,700円)まで値下がりしていますが、現地製造により、さらなる販売価格の低下が期待されています。

インドで組み立てられたiPhone SE(2020)は、今後数週間の間に店頭に並ぶ予定です。

インドでiPhoneを作るメリットの一つは、最大20%の関税が掛からない点です。

Appleは将来iPhoneの製造の20%をインドに移すことに興味を示しているとのことです。

Source: iPhone SE (2020) now assembled in India

関税は出荷量の多いAppleにとって頭の痛い悩みだと思いますから、良い選択でしょうね。

今後、世界でもインド製造のiPhoneが出回るなんてこともありそうですね。

今回もご覧いただきましてありがとうございました。

-iPhone関連

Copyright© takasam.net , 2020 All Rights Reserved.