Nothing phone (1)は470ユーロの可能性

みなさんこんにちは。

2022年7月12日(日本時間は7月13日0時)に発売予定のNothing phone (1)ですが、先日、CPUにはSnapdragon 778+を搭載することが正式に判明しました。パフォーマンスは、Galaxy A73やmoto Edge 30と近い形になると予想されます。

Twitterより

一方価格面では、Pixel 6やサムスンGalaxy S21 FEと似た価格帯になりそうです。

ドイツのAmazonで確認された後、アメリカのニュースサイトRedditで価格が明らかになりました。 8/128 GBモデルが469.99ユーロ(約66,842円)12/256GBモデルが549.99ユーロ(約78,220円)です。

正直価格だけで言うと、先日日本でも発表された、POCO F4 GTの方がコスパが良いですね。CPUにSnapdragon 8 Gen 1搭載で、価格は74,800円(税込)です。Xiaomiクオリティなので、日本人も納得の品質です。

Xiaomi公式サイトより

どこまでこのスタートアップに共感でき、コンセプトに価値を見出すことができるかといった感じですね。確かに、Apple、Google、Samsung、Xiaomi等々これらのプレーヤーだけではつまらないという印象もあります。

何が唯一なのか、これからはスマホにもそんな視点で選択される時代が来るようになるかもしれません。

しむまる
しむまるhttps://takasam.net
2000年以前から携帯電話好きで、2008年からはスマートフォンに興味を持ち、多数の機種を触ってきたスマホオタクです。 SIMカードにも知識があり、SIMカードのカスタマーサポートも経験。現在はフリーランスでSIMカードやIoTデバイスの検証、カスタマーサポートをやっています。

Comments

返信する

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular