みなさんこんにちは。

総務省は、KDDIに対し、令和3年度5Gの特定基地局の開設遅延に関する指導を行いました。

以下総務省ページからの抜粋です。

 総務省はKDDI株式会社に対して、平成31年4月10日、第5世代移動通信システム(以下「5G」といいます。)の導入のための特定基地局の開設計画(以下「5G導入に係る開設計画」といいます。)を認定し、また、令和2年10月9日、3.9世代移動通信システムの普及のための特定基地局の開設計画及び第4世代移動通信システムの普及のための特定基地局の開設計画(以下「3.9G・4G普及に係る開設計画」といいます。)の変更を認定し、KDDI株式会社はこれらの開設計画に従った5G基地局(以下「5G特定基地局」といいます。)の開設が可能となりました。
今般、同社から令和3年度末時点の5G特定基地局の開設状況について報告を受けたところ、当該年度末の5G導入に係る開設計画及び3.9G・4G普及に係る開設計画に対して遅延がみられました。

指導に至った経緯は、令和3年(2021年度)末時点での5Gサービスのエリア展開について、遅れがあったとのことです。

KDDIの発表によれば、計画は9372局が、実績5872局となり、3Gおよび4Gから周波を数転用し5Gで利用する分については、予定の8827局に対し、実績4317局にとどまりました。

遅れているのは楽天かな・・・と思っていしましたが、意外とKDDIが遅れていたのですね。

▼総務省ホームページより
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000550.html

▼総務省がKDDIに指導、2021年度末の5Gエリア整備遅れで(インプレス)
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1416862.html

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA