Appleの折り畳み式iPhoneに関する証拠が見つかる

2020年、サムスンは折り畳み式スマートフォン、Galaxy Z Fold 2、Galaxy Z Flipの発売で成功を収めました。

各社ともに折りたたみ式のスマートフォンの追従にしのぎを削っています。

早くも2017年には、Appleは折り畳み要素を含んだiPhoneの開発に取り組んでいたと噂されています。

著名なリークスターのIce Universe氏によると、Appleはサムスンディスプレイと折り畳みスクリーンのサンプルについて、1年間だけの量で交渉中とのことです。

昨年の初めの情報によると、Appleはすでに折り畳み式タッチスクリーンを搭載したiPhoneのプロトタイプの作成に取り組んでいました。

噂が広まって以来、少なくとも2つの特許がすでに浮上しており、電話おおまかなデザインがわかります。 6月に、別のリークスターのJon Prosser氏が折りたたみ式iPhoneのデザインについてツイートしました。

折り畳み式のiPhoneには、ヒンジと2つのディスプレイが存在します。

Appleがヒンジ付きのデバイスをリリースするかどうかについては、定かではありません。

おそらくAppleは、その最大の競合よりも劣っているように見える製品を公開しないこと考えられます。

Appleは来週、ローンチイベントを開催します。

このイベントでは、少なくとも2つの新しいApple Watch、4つの新しいiPhone 12のバリエーション、新しいiPad Air、新しいHomePodスピーカー、Apple TVハードウェア、およびAppleブランドの新しいヘッドフォンが発表される予定です。

AirTagsも同様に登場が期待されています。

Source: More evidence of Apple’s folding iPhone appears

今回もご覧いただきましてありがとうございました。

しむまる
しむまるhttps://takasam.net
2000年以前から携帯電話好きで、2008年からはスマートフォンに興味を持ち、多数の機種を触ってきたスマホオタクです。 SIMカードにも知識があり、SIMカードのカスタマーサポートも経験。現在はフリーランスでSIMカードやIoTデバイスの検証、カスタマーサポートをやっています。

コメント

返信する

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


人気の投稿