みなさんこんにちは。

6月に入ろうとしていて、日差しも強く、暑くなってきましたね。

今回は、美白に効く栄養素と食べ物を調べてみました。

美白に有効な栄養素

美白に有効な栄養素は、ビタミンCとビタミンA、ビタミンE、リコピン、アスタキサンチンです。

続いて、これらの栄養素を含む食べ物を紹介します。

ビタミンCの効果

メラニン色素の還元と抗酸化作用などが、ビタミンCの役割です。

ビタミンCを含む食品

赤ピーマンや黄ピーマン、ブロッコリー、キウイ、イチゴ、キャベツ、ジャガイモ、サツマイモなどに多く含まれます。

ビタミンCはストレスなどで消費され、貯めることができません。

そのため、欠かさず毎日摂ることを心がけましょう。

ビタミンAの効果

皮膚や粘膜を維持する役割があります。

ビタミンAを含む食品

レバーやうなぎ、チーズ、バター、卵、にんじんなどです。

ビタミンEの効果

抗酸化作用と血流を促す役割があります。ビタミンEは肌に栄養素を届け、肌のターンオーバーを整えます。

ビタミンEを含む食品

ピーナッツやアーモンド、ほうれん草、ブロッコリー、植物油などです。

リコピンの効果

ビタミンEの100倍の抗酸化作用があると言われています。

リコピンを含む食品

トマト、マンゴーなどです。

アスタキサンチンの効果

ビタミンEやリコピンよりも優れた抗酸化作用があると言われています。

アスタキサンチンを含む食品

鮭に多く含まれています。

イソフラボンの効果

イソフラボンは、体内でエストロゲン(女性ホルモンの一種)の働きをサポートし、健康でしなやかな肌作りに役立ちます。

イソフラボンが含まれる食品

豆腐、豆乳、納豆などの大豆製品です。

植物性のエストロゲンはホルモンバランスを崩す恐れがあるため、サプリ等による過剰摂取には注意が必要です。

美白のために摂取を控えた方がいい食品

糖類を多く含む食品は、糖化を起こすため、肌にダメージを与えます。

油分を多く含む食品は、皮脂の分泌が多くなり、酸化することで、メラニン色素が分泌されるようになり、くすみの原因になります。

柑橘類にはビタミンCが豊富に含まれていますが、同時にフロクマリンも含まれており、フロマリンは紫外線の吸収を促すことになり、シミやくすみができやすくなります。

柑橘類はビタミンCを含みますが、摂りすぎには注意が必要です。

今回は美白に効く食べ物を紹介しました。今回もご覧いただきましてありがとうございました😊

▼美白に効果的な食べ物ってあるの?
美肌のために必要な栄養素とは(コーセー)

https://www.kose.co.jp/kose/aging_other/other24.html

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA