最新のコメント

SIMカード

TORQUE X01 開いた状態

povo2.0はガラケーでも使える。申し込み方法、ガラケーの設定方法

0
povo2.0は基本的に0円プランで、使い方によっては、少ない費用で電話番号を維持できるKDDIの格安プランです。 ※180日間トッピングの購入がない場合は、メールによる通知があり、その後、契約解除になります。 これまでahamo(アハモ)を利用してきましたが、無料通話+20GBで4070円+ユニバーサルサービス料はお得といえばお得なのですが、20GBも使わないため、もっと気軽に少ない費用で通話とデータ通信を利用できればと思い、povo2.0に乗り換えました。 povo2.0の利用端末として、TORQUE X01(KYF33)を選定しました。タフな外観に惚れてしまいました。(笑)さすがに、G'z One TYPE XX KYY31は中古でも44,000円程度するため、TORQUE X01(KYF33)が相応かなと思い、組み合わせて使うことにしました。povoでは動作確認されていませんが、動作確認済みのGRATINA KYF37とほぼ同じ世代の製品のため、使えるかもという期待もありました。 ▼京セラ - TORQUE X01(KYF33) それではpovo2.0の申し込み~開通、TORQUE X01(KYF33)の設定について紹介します。 ガラホで使う場合のpovo 2.0の申し込み方法 povo2.0の申し込みは、スマートフォンにpovo2.0のアプリをインストールし、アプリから申し込みを行います。ガラホであるKYF33を使うための申し込みにも、スマートフォンが必要となる点については、矛盾していますが、povo2.0自体がアプリからの申し込みしか受け付けないフローとなっているため、利用者としては従うしかありません。 申込中の手続き、フローについては特別なものはありませんので、安心してください。氏名、住所、連絡先、決済用のクレジットカードを登録し、eKYC認証に進み、手続きは10分ほどで終わります。 発送は手続き完了の時刻によりますが、私の場合は、14:30頃に手続きが完了し、即日で発送され、翌日には到着しました。(岐阜県在住) povo 2.0開通手続き 申込時に利用したpovo2.0アプリをインストールしたスマートフォンから、アプリを開き、SIMカードを有効化するを選択し、手順に従い、SIMカードの台紙のバーコードをスキャンし、しばらくするとSIMが使えるようになります。 povo 2.0開通処理 SIMをセットし、TORQUE...
OCNモバイルONE SALE

OCNモバイルONEで人気のスマホSALEが実施中

0
OCNモバイルONEで、人気のスマホセールが実施中です。機種や価格について紹介します。 気のスマホSALEの実施期間 2022年7月22日(金)11:00~2022年8月19日(金)11:00まで実施しています。 OCNモバイルONE 対象機種は? 以前のSALEのような1円機種は無くなってしまいましたが、市場価格よりもお値打ちに新品を購入できるチャンスがあります。対象のスマホと価格は次の通りです。 Androidスマホ 機種名 価格(税込) 分割24回価格(税込) OPPO Reno7 A 33,800円 1,408円x24回 Xperia 10 IV 44,900円 1,870円x24回 moto g52j 5G 23,300円 970円x24回 motorola edge 30 pro 73,300円 3,054円x24回 Redmi Note 11 Pro 5G 28,300円 1,179円x24回 Redmi Note...
LIBMO料金プラン一覧

LIBMOが魅力的と思える4つのポイント

0
現在主にahamo 20GBに、かけ放題オプションを付けて月額4073円(税込)で運用している管理人です。正直なところ、20GBにしても、かけ放題にしても、盛り込みすぎかな?と思ったりもします。 しかし、クライアントから急に連絡があったときの折り返しや、電話での会議など、長時間の通話が発生する可能性もあり、このプランで運用しています。 ahamoの良い点としては、ドコモ直回線で迂回なくVoLTEが利用できる点は、通話が本当にクリアでとても魅力を感じています。一方、月4,073円、毎月かかると思うと負担が大きいとも思います。正直悩みどころです。 そんな中、LIBMOの公式サイトを見て、いろいろとお得だと思える点がありました。 LIBMOのここが魅力 LIBMOのネットワークは安心のドコモ回線 LIBMOは安心のドコモ回線を利用しています。NTTドコモは、LTE(4G)回線の人口カバー率が99.9%で安心できるポイントです。 全国で繋がらなければ、通信の魅力は下がりますよね。安心してください。LIBMOなら安心のドコモ回線で全国で利用できます。 ▼通信・エリア(NTTドコモウェブサイト) 機器の互換性 ドコモのスマートフォンをはじめとして、SIMフリー市場の製品にも互換性があり、手持ちのスマートフォンやデータ端末も再利用が可能です。 ※iPhoneはau、Softbankでも利用可能 ※Androidのau/softbank端末は一部で、ドコモのプラチナバンドにも対応(比較的新しい端末) ライトユーザーからミドルユーザーまで安心できる料金プラン パケットデータを動画やSNSなどで大量に消費するユーザーには若干物足りないプランですが、逆に見ると、ライトユーザーからミドルユーザー向けの料金体系としては、お得に設定されている点がうれしいポイントです。 ライトユーザーなら、3GBまたは8GBでほぼカバーできます。また、ミドルユーザーなら8GB、20GB、30GBでカバーできます。3GBなら980円(税込)、30GBでも2,728円(税込)と安心の月額料金です。 また、データ通信専用ですが、最高速度200kbpsで無制限に利用できる「ライト(無制限)」では、月額528円の低価格で利用できます。200kbpsの目安としては、ブラウザはギリギリ利用可能、LINEのテキストメッセージ、添付ファイルのないメールならスムーズにやりとりすることができます。動画は殆ど見れないと考えてください。 200kbpsでできること ブラウザはギリギリ利用可能 LINEのテキストメッセージ 添付ファイルのないメール その他ユーザーの使い方を見てみると、ストリーミングもなんとか使えるようです。 https://twitter.com/okeydon/status/1383052658441818115?s=20&t=3E6Zx385TP8JHKmtmxrXLg https://twitter.com/KeiTaka01787970/status/1383234840238039040?s=20&t=3E6Zx385TP8JHKmtmxrXLg LIBMOにはデータ通信専用プランもあり タブレットやポータブルデバイスで利用する場合、通話やSMSは不要ですよね。そんなユーザー向けに、LIBMOではデータ通信専用のプランもあり、8GBまでのプランなら、音声SIMよりも安く利用することができます。 ※20GB/30GBについては、音声SIMとデータ通信SIMで価格差はありません。 音声SIM 3GB・8GB、データSIMなら事務手数料無料。音声SIM 20GB/30GBならポイント還元あり 音声SIM なっとくプラン3GB・8GB、データSIMなら事務手数料無料で、さらに音声SIM なっとくプラン20GB/30GBなら12,000円相当のTLCポイントが還元されます。 TLCポイントとは? TLCポイントは毎月のLIBMOの支払いでの利用、商品への交換、その他加盟店での利用も可能なポイントです。 ▼TLCポイント公式 ▼TLCポイント支払を利用する 通信速度は快適? 通常時に10~20Mbps出ていれば、格安SIMとしては利用価値は大いにあると思います。 https://twitter.com/tomekichi_SFC/status/1418119115902906370?s=20&t=DLvSVhHNw4-eeqZfBV5lrA 昼間は厳しい時間帯も多そうですね。格安SIMの性質上、混雑時間帯はある程度の判断、割り切りが必要になりますね。 https://twitter.com/takeyon7/status/1517351142162059265?s=20&t=DLvSVhHNw4-eeqZfBV5lrA https://twitter.com/shampoo_03/status/1548260011419512832?s=20&t=DLvSVhHNw4-eeqZfBV5lrA LIBMOはかけ放題オプションも親切な料金設定 かけ放題プランは、5分かけ放題、10分かけ放題、無制限かけ放題の3つのプランから選択できます。あまり利用しない場合でも、5分を付けておくと、急な電話の必要があったときも安心できますね。 かけ放題maxでも月額1,430円(税込)で利用できます。OCNモバイルONEと同じ料金で平均的なかけ放題料金だと思います。 10分なら、OCNモバイルONEの935円(税込)よりも安価で利用できます。 プラン 月額料金(税込) 5分かけ放題 550円 10分かけ放題 770円 無制限かけ放題 1,430円 LIBMOならミドルレンジスマホがお得に買える ミドルレンジと言われる、CPUでいうとSnapdragon 7や6シリーズのスマートフォンがお得に購入できます。ローエンドモデルより快適に利用できるため、スマホはSNS、買い物、検索中心でゲームは少ししかしない、スマホユーザーにはピッタリです。 例えば、AQUOS sense6 (CPU:Snapdragon 690, RAM 4GB...

楽天モバイル、CTOが超優秀説(楽天モバイルブログより)

0
みなさんこんにちは。 2022年5月後半から再びメイン回線を楽天モバイルに変更したしむまるです。 今回は楽天モバイルのブログで公開されていました、新CTOインタビューを読みまして、大変優秀なCTOだと思いましたので、紹介します。 以下は記事の抜粋などでまとめてみました。 シャラッド・スリオアストーア氏 故郷はインド。楽天モバイル株式会社 CTO兼 楽天グループ株式会社 常務執行役員 2022年3月から新しいCTOとして、楽天モバイルの技術部門を統括。27年モバイル業界に従事してきた経歴がある。 UMTS(ユニバーサルモバイル通信システム)、RF(無線周波数)、RAN(無線アクセスネットワーク)エンジニアリングに熟練。楽天モバイル以前は、北米、中東、アジア全域で経営、ネットワークスステム開発に従事。楽天モバイルではRANの構築を指揮して、現在に至る。 故郷のインドでのネットワークが繋がりにくい問題を解決すべく、大学で通信を専攻。のちに通信業界で働きたいと思うようになった。1995年にムンバイで初めてGSMを利用。 オーストラリア、アジア、ヨーロッパ各地でのモバイル関連の仕事を通し、楽天モバイルCEOのタレック・アミンに出会う。2018年からは楽天モバイルの、世界初となるモバイルネットワーク構築の完全仮想化を利用した、新たなネットワーク立ち上げ準備に立ち会うことになる。 楽天モバイルへの参画に伴い、家族ごと日本への移住を決意する。 立ち上げの苦労、人口カバー率96%を4年前倒しで達成できた理由 Open RAN(無線アクセスネットワーク)ベースのネットワーク構築は、多数が、不可能であると言い放つが、それがかえってモチベーションにつながる。楽天グループの行動規範「Get Things Done」の精神で、考え方まで成長した。 Open RANでは基地局設備が最小限のため、建設がスムーズに実行。通常は1つの基地局設置には数日掛り、熟練したエンジニアが必要だったが、現在はエンジニア派遣無しで、2~3時間で設置可能になった。 基地局設置については、楽天市場、楽天トラベル、楽天カードなどと、さらにパートナー企業との関係により基地局設置がスムーズにいったとのこと。(おそらく、パートナー企業さんを中心に設置を打診した可能性がある) このような経緯によって、4年前倒しができたとのこと。 2022 GLOMO Awardの受賞 GLOMO Awardは、Global Mobile(GLOMO) Awardsで、バルセロナのMWCにて発表されます。モバイル産業に最も革新をもたらした企業、個人、政府をたたえる賞です。 https://www.gsma.com/newsroom/press-release/gsma-announces-2022-glomo-awards-winners/ シャラッド・スリオアストーア氏によると、Opne RANプラットフォームが、5Gの設計・導入・拡張まで効率的に実現できた点が評価されたとコメントしています。Open...

格安SIMはeSIMに対応している?eSIM対応の格安SIMを調べてみました

0
みなさんこんにちは。 eSIMは物理的なSIMカードではありませんので、SIMカードの向きを間違えたり、切り取り時に謝って破損させることもなく、手軽に扱えるSIMカードだと思います。 eSIMは、楽天モバイルがいち早く導入し、povoやahamoなどのキャリアの格安プランが浸透し始めて、大きく注目されるようになりました。 今回は、eSIMが利用できる格安SIMについて調べてみました。 情報は2022年6月13日時点のものとなります。 eSIMの使い勝手 eSIMはembedded SIMの略で、embeddedとは埋め込まれたという意味です。 つまり、埋め込み式のSIMということになります。 本体にあらかじめ埋め込まれており、利用者はスキャンしてプランの追加をする操作のみで、導入が完了します。 物理的なSIMカードの到着を待つ必要がありませんので、短期間での利用開始が可能になります。 また、SIMカードの切り取りや、向きなども考える必要がないので、初心者にもやさしいと言えます。(ただし、デュアルSIMで利用する場合などの複雑なケースは、初心者には難しいかもしれません) SIM関係のお問い合わせ対応をしたことがありますが、意外と向き間違えて、端末壊れたというお客様が多かったような・・・ 日本におけるeSIMの歴史 当初Apple Watch向けのみの提供でした。当時(2017年頃)はeSIMに対応したデバイスはあまりありませんでしたので、当然の流れかもしれませんね。 iPhoneシリーズは、iPhone XS(2018年9月21日発売)以降で、PixelシリーズはPixel 4(2019年10月24日発売)以降でeSIMが標準的に採用されるようになりました。 Apple Watch以外でいえば、日本では2017年に、NTTドコモがdtab(ドコモオリジナルのタブレット)に採用を始めました。 2020年に楽天モバイルがキャリア事業に参入してからは、SIMカードとeSIMを当初から提供するなど、eSIM利用が本格的にはじまりました。 2021年からはpovoやahamo、LINEMOなどのキャリアの格安プランの提供もスタートし、eSIMを提供する通信事業者も増加しました。 オープンマーケット向けのデバイスでは、2020年頃から、OPPO A73などを筆頭として、eSIMを採用するデバイスが増えてきました。2022年現在では、XiaomiもeSIMを採用するようになり、日本市場でもeSIMを利用する動きは強まっています。 2018年のiPhoneには、eSIMが入っていると聞いて、当時、凄いなと思いながら過ごしていたことが記憶に残っています。ただ、当時はeSIMプロバイダは殆どなかったので、宝の持ち腐れという印象を受けました。 格安SIMでeSIMに対応する事業者 2022年6月現在で、eSIMに対応する事業者はこちらです。 格安SIMという観点でいうと、ほぼ日本通信1社という選択肢になりそうです。 意外と注意すべき点は、IIJやLinksmateが提供しているプランは、「データ回線」で音声ではない点です。 日本通信(音声回線) https://www.nihontsushin.com/support/support_esimguide.html IIJ(データ回線) https://www.iijmio.jp/esim/ Linksmate(データ回線) https://linksmate.jp/about/esim/ キャリアのサブブランド系2社は当然ですが、対応しています。 Y!mobile(音声回線) https://www.ymobile.jp/service/others/simonly/esim/ UQ mobile(音声回線) https://www.uqwimax.jp/mobile/products/sim/esim/ 格安SIMでeSIM非対応の事業者 こちらの方が圧倒的に多いです。2022年6月現在の状況です。 eSIM利用者が増えてくる現状を考えると、格安SIMでの対応も期待したいところです。ただ、システムの導入などで費用が掛かることが想定されますので、OCNモバイルONEやTONEモバイルなど、ドコモの傘下で事業をしている事業者の方が、切り替わりに期待が持てる気がします。 Nuroモバイル https://mobile.nuro.jp/ mineo https://mineo.jp/ OCNモバイルONE https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html イオンモバイル https://aeonmobile.jp/ BIGLOBEモバイル https://join.biglobe.ne.jp/mobile/ LIBMO(リブモ) https://www.libmo.jp/ HIS Mobile https://his-mobile.com/ QTmobile https://www.qtmobile.jp/ J:COM mobile https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ エキサイトモバイル https://bb.excite.co.jp/exmb/sim/ DTI https://dream.jp/mb/sim/ y.u mobile https://www.yumobile.jp/ TONEモバイル https://tone.ne.jp/ まとめ 格安SIMではまだまだeSIM非対応の事業者が多いです。eSIMとのデュアルSIMで利用を検討している利用者は、現在利用中のSIMが物理SIM、eSIMなのか、考えながら運用する必要があると思います。 また、eSIMは手続きやインストールが簡潔なので、シングルSIMで利用するユーザーからも今後eSIMの需要が高まってくるかもしれません。 また、物理的にSIMカードを利用しないので、とても環境に優しいと言えます。 環境に配慮して、eSIMを選択する。SDGsの観点からも必要な考え方かもしれませんね。 将来的には楽天が出している端末のようにデュアルeSIMという端末が多くなってくる可能性もありますね。 今後もモバイル業界に注目したいところです。

機種情報

moto e32s メリット・デメリット

格安SIM各社で取扱いのmoto e32s メリット・デメリットは?

0
2022年7月14日に発売され、直後から格安SIMで取扱が始まったモトローラ製のmoto e32sは、発売直後から格安SIM各社で取扱が開始されました。 この記事では、moto e32sのメリットデメリットを紹介します。 moto e32s簡単に紹介すると? 簡単に説明すると、4G対応のエントリースマートフォンです。エントリーモデルながら、ディスプレイ表示が滑らかになる、90Hzリフレッシュレートに対応しています。また、カメラはトリプルカメラ構成、RAM 4GB/ROM 64GBとこれまでのmoto eシリーズと比較すると、より実用的なスペックに進化しています。エントリーでも生体認証は指紋、顔認証両方に対応し、マスクを付けた状態でも、外した状態でもスクリーンロックの解除がスムーズにできます。 moto e32sのメリット 大まかに雰囲気は掴んでいただけたでしょうか?それでは、moto e32s を購入するメリットを紹介します。 OSはAndroid 12 2022年8月5日現在、公式の安定版で最新バージョンのAndroid 12がプリインストールされています。2022年春夏販売のモデルにはAndroid 11をプリインストールするものも多数あり、それらのデバイスと比較すると、新しいOSを搭載し優位な製品です。 また、モトローラのスマートフォンのUI(ユーザーインターフェース)は、一部のカスタマイズを除き、ほぼAndroid標準のUIを継承しています。Pixelシリーズなどと同様の癖のない標準的なAndroidのUIの操作性を楽しむことができます。 購入代金が安価 直販サイトでの販売価格は、21,800円(税込)、Amazonなどでは、1万9千円台ともっと安く購入することができます。 1年利用する想定なら、1カ月あたり1816円、2年利用する想定なら、1カ月あたり908円の端末費用負担となります。 5000mAh 大容量バッテリー ここ数年のスマートフォンの平均的なバッテリー容量は4000mAh~5000mAhです。moto e32sも5000mAhと大容量が採用されています。充電は15Wに対応するため、大容量の充電器を利用すると若干早く充電をすることができます。 薄型、軽量 5000mAhのバッテリーを搭載したスマートフォンと言えば、分厚くなってしまい、野暮ったい印象がありましたが、moto...
Zenfone 9

Zenfone 9スペック情報まとめ

0
ASUSは2022年7月28日、Zenfone 9を発表しました。Zenfone 9の概要とスペックについて紹介します。Zenfoneシリーズもついに「9」まで到達しましたね。グローバルではすでに7月28日より販売中です。 思い起こせば2015年4月 Zenfone2が登場し、国内のオープンマーケットを圧巻した記憶がありますが、その後のZenfone 2 Laserや、Zenfone 3、Zenfone Goなど格安SIMとの販売でコスパも良く、多くのユーザーが慣れ親しんだ台湾メーカーASUSではないでしょうか。 市場全体が利益追求となり、Zenfone 5以降は高級路線になり、Snapdragon 8シリーズを搭載しフラッグシップという印象が強くなりました。どの企業もこの路線ですね。 さて、いよいよZenfone 9となりました。今回はどんなスマートフォンに仕上がったのでしょうか! デザイン、カラー Zenfone 8から踏襲されたコンパクト志向となっています。カラーはミッドナイトブラック(Midnight Black)、ムーンライトホワイト(Moonlight White)、サンセットレッド(Sunset Red)、スターリーブルー(Starry...

Google Pixel 6aを2022年7月28日に発売

0
GoogleはPixel 6aを、2022年7月28日に発売することを発表しました。 「Google Pixel 6a」は、Google Pixel 6と同様に、SoCに「Google Tensor」を搭載するスマートフォンです。これまでのaシリーズと異なり、外観もプラスチックではなく、背面にはガラス、アルミフレームを採用するなど、質感も以前より向上しています。 サイズ/重量: 71.8×152.2×8.9mm(178g) カラー Sage、Chalk、Charcoal SoC: Google Tensor メモリ:...

OPPO A97はDimensity 810、4800万画素カメラ、5000mAhバッテリーを搭載

0
こちら海外向けのモデルとなりますが、OPPOが発表したOPPO A97の情報です。 OPPO A97は中国市場で2022年7月15日に発表された製品です。日本ではAシリーズはローからミドルレンジとしてのラインナップとして印象が強いですが、こちらのA97はハイエンドよりの構成になっています。 デザインは最近OPPOがデザインのベースに考えているものと同じコンセプトのように見えます。 スペック面では、5GをサポートしたMediaTek Dimensity 810 (6nm)を搭載しています。ディスプレイは、6.6インチ、90Hzリフレッシュレートに対応しています。カメラには、メインカメラに4800万画素+200万画素(深度)、セルフィー用に1200万画素のカメラを搭載しています。メモリはRAM 12GB、ストレージ256GBと、フラッグシップにも匹敵するスペックとなっています。バッテリーは5,000mAhで33Wの急速充電に対応しています。 現在中国市場のみでの販売となっていますが、価格は2,299人民元(約47,200円)となっています。日本で販売されているAシリーズは少々魅力に欠けてしまいますね。 ▼ OPPO A97 深海蓝 12G+256G

Nothing phone(1)正式に発表(2022年7月13日)

0
Nothing phone (1)はその登場前より話題を集めていましたが、日本時間2022年7月13日0:00、日本でも公式に発表されました。日本での発売は8月で、価格は69,800円となります。 Nothing phone(1)スペック表 サイズ、重量 (高さ) 159.2 mm x (幅) 75.8 mm x (厚さ) 8.3 mm (重量) 193.5...