Snapdragon 662

moto g9 Playスペック情報

2020年10月26日

モトローラ・モビリティ・ジャパンはmoto g9 Playを2020年10月30日に発売することを発表しました。

価格は24,800円(税込)です。

CPUにSnapdragon 662を採用し、5,000mAhの大容量バッテリー、メモリーは4GB、ストレージは64GB、トリプルカメラを搭載したミドルレンジモデルです。

moto g9 Playのスペック

Image:モトローラ・モビリティ・ジャパン

Image:モトローラ・モビリティ・ジャパン

・プラットフォーム:Android10.0
・プロセッサー:Qualcom Snapdragon SD662 オクタコアプロセッサ
・メインメモリ:4GB
・内部ストレージ:64GB
・外部メディア規格:microSD(最大512GB)
・ディスプレイ:6.5インチ、1,600 x 720 (HD+) 20:9 IPS液晶
・カメラ:4,800万画素メイン(f/1.7,1.6um)+200万画素マクロ(f/2.2,1.7um)+200万画素深度センサー(f/2.4,1.75um)+LEDフラッシュ
・インカメラ:800万画素(f/2.2,1.12um)
・動画録画:FHD(60fps/30fps)
・サイズ:高さ165.21mm x 幅75.73mm x 厚さ9.18mm(最薄部)
・質量:約200g
・バッテリー:5,000mAh
・充電器:20W 高速充電器同梱
・保証期間:購入日より12ヶ月間の日本国内保証
・ネットワーク:
4G:LTE B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
3G:W-CDMA B1 / B2 / B5 / B8 / B19
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz・Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)
・Bluetooth:Bluetooth 5.0
・NFC:対応
・テザリング:対応
・SIM:デュアルnanoSIM(DSDV対応)
※DSDVにて使用の場合microSDは使用できません
・GPS:GPS、AGPS、LTEPP、SUPL、Glonass、Galileo
・FMラジオ:対応
・Motoディスプレイ
持ち上げると通知表示:未対応
親切ディスプレイ:対応
ピークディスプレイ:対応
・Motoアクション
カメラ起動:対応
LEDライト点灯:対応
持ち上げてロック解除:対応
片手操作切換:未対応
持ち上げて着信音停止:対応
伏せて置いて無音化:対応
メディアコントロール:対応
3本指でスクリーンショット:対応
スクリーンショットエディター:対応
・インタフェース:USBタイプC(USB2.0)、イヤホンマイクジャック3.5mm
・センサー:指紋認証、加速度計、ジャイロスコープ、近接センサー、環境照度センサー
・主な付属品:充電器、USBケーブル、ヘッドセット、カバー、SIM取り出しピン、クイックスタートガイド、LG(法令/安全/規制)

moto g9 Playの特徴、みどころは?

バッテリー容量が5,000 mAhと大容量を採用しており、購入時に20Wの急速充電に対応した充電器が付属します。

ディスプレイは6.5インチ、アスペクト比20:9のMax Visionディスプレイを採用しており、動画視聴やゲームなど、楽しめる構成となっています。

メインカメラには、4,800万画素メインカメラ+200万画素マクロカメラ+200万画素深度センサーカメラを搭載したトリプルカメラシステムを採用しています。

moto G PROと同様のカメラシステムとなっており、4画素を1画素に結合する「クアッドピクセルテクノロジー」を採用し、より明るい写真の撮影が可能です。

Snapdragon 662のAnTuTuスコアは約14万とみられます。重たいゲームなどには向きませんが、普段使いでは問題ないスペックと言えます。

moto g9 Play購入時に気を付けたい点

購入時に気を付けておきたい点をまとめました。

メモリ4GB、ストレージ64GBとちょっと前のキャリアモデルといった感じのスペックになっています。
DSDVに対応していますが、スロットはSIMカードと排他利用となっておりますので、DSDVでSIMカードを利用するときは、microSDカードを利用することはできません。
周波数対応から、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクともに問題なく利用できますが、楽天モバイルについては不明です。
NFCには対応していますが、FeliCaには対応していません。また、防水防塵にも非対応です。

上記のような点です。

moto g9 Playにおすすめの格安SIMは?

ドコモ系の老舗格安SIM、「OCNモバイルONE」がオススメです。

データSIMなら3GBが月額968円(税込)で利用できます。

音声付も1GBなら月額1,298円(税込)で利用できます。

私も利用していますが、速度も快適でおすすめです。キャリアでの利用を見直したいみなさん、ぜひ詳細をご覧ください。



今回ご紹介した商品はこちら

今回もご覧いただきましてありがとうございました。

Source: モトローラ公式製品ページ

-Snapdragon 662

Copyright© takasam.net , 2020 All Rights Reserved.