OPPO A77スペック情報

オウガジャパンは、新しい4Gスマートフォン「OPPO A77」を発表しました。

OPPO A77はCPUにMediaTek Helio G35を搭載したエントリースマートフォンとなります。

スペック情報などを紹介します!

OPPO A77スペック情報

OPPO A77(オウガジャパンホームページより)
OPPO A77(オウガジャパンホームページより)
製品名 OPPO A77
サイズ 約163.7mm x 約75.0mm x 約8.0mm(約187g)
プロセッサー MediaTek Helio G35
最大2.3GHzまで、8コア
メモリ(RAM+ストレージ) 4GB(LPDDR4X) + 128GB(eMMC 5.1)
OS Color OS 12(Android 12ベース)
ディスプレイ 6.5(解像度:1612 x 720) (HD+)
液晶、リフレッシュレート 60Hz
輝度最大600nit
リアカメラ 約5,000万画素(広角)+約200万画素(深度)
フロントカメラ 約800万画素
バッテリー 5000mAh、33W SUPERVOOC充電対応
USBインターフェース Type-C
対応バンド 4G: LTE-FDD Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/26/28/66
4G: TD-LTE Band 38/41
3G: UMTS(WCDMA) Band 1/2/4/5/6/8/19
2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.3
生体認証 指紋、顔認証
NFC/おサイフケータイ 非対応、非対応
SIMサイズ、スロット nano SIM x2、microSDスロットx1
防水・防塵 IP54

スペックのレビュー

CPUがMediaTek Helio G35のため、重たいゲームのプレイなどは難しそうです。ストレージはeMMC 5.1の128GBで、エントリー向けとしては十分な容量ですね。

外観デザインは、OPPO Glowを採用しており、Reno7 Aと同様にすっきりしたデザインになっています。

OSはAndroid 12ベースのColor OS 12を搭載し、過去の機種での対応などから、OSのアップデートにも対応しているものと思われます。

NFC、FeliCa(おサイフケータイ)両方に非対応となっているため、マイナンバーカードの読み取りには対応していない点に注意が必要です。

メインカメラは5000万画素と、頑張ったスペックではないでしょうか。

外部メモリにも対応しており、最大1TBのmicro SDXCに対応しています。

SIMカードサイズはnano x 2、スロット形状はトリプルスロットで、デュアルSIMを利用しながら、microSDカードも利用可能になっています。

エントリー向けモデルとしては珍しく、IP54等級の防水防塵に対応しています。水没には耐えれないと思いますが、ちょっとした水濡れ、雨に濡れた程度なら早めに拭き上げて問題なく利用できそうです。

周波数対応は国内全キャリアのバンド、およびグローバルバンドに対応しています。国内、海外ともに便利に利用できるスマートフォンです。

OPPO A77 価格・発売日

OPPO A77の価格は、24,800円(税込)で発売日は2022年10月6日(木)より順次となっています。格安SIMでは、OCNモバイルONEでは、10月6日(木)午前11:00~の発売予定になっています。

▼OCNモバイルONEのセール情報はこちら


先日のmoto g32も同様ですが、エントリー向けのモデルも成熟してきましたね。ストレージ容量128GBが今後標準的な容量になりそうな印象を受けます。

今回もご覧いただきまして、ありがとうございました。

しむまる
しむまるhttps://takasam.net
2000年以前から携帯電話好きで、2008年からはスマートフォンに興味を持ち、多数の機種を触ってきたスマホオタクです。 SIMカードにも知識があり、SIMカードのカスタマーサポートも経験。現在はフリーランスでSIMカードやIoTデバイスの検証、カスタマーサポートをやっています。

コメント

返信する

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


人気の投稿