moto e7 power スペック情報

moto e7 powerはインド市場をはじめとして、日本市場でも2021年2月26日に発売予定です。

前モデルのe6sと比較すると、チップセットはHelio G25(e6sはHelio P22)を搭載しており、ほぼ前モデルと同じパフォーマンスとなりそうです。

価格面は同一ながら、Type-Cインターフェースや大きくなったディスプレイなど、より改善されている点もあります。

それでは、moto e7 powerについてみていきましょう。

moto e7 power スペック

 

Image:Motorola

・型番:moto e7 power

・サイズ:高さ165.06mm x 幅75.86mm x 厚さ9.2mm(最薄部) 

・質量:約200 g

・ディスプレイ:6.5インチ

・解像度:1,600 x720  (HD+) 20:9 IPS液晶

・OS:Android 10

・チップセット:Helio G25

・ROM/RAM:32GB / 2GB、 microSD対応(SIMスロット共有)

・メインカメラ:デュアルカメラ
1300万画素メイン(f/2,1.12um)+200万画素マクロ(f/2.4,1.75um)

・フロントカメラ:シングルカメラ
500万画素(f/2.2, 1.12um)

・対応ネットワーク:
4G:LTE B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28/B38/B40/B41
3G:W-CDMA B1/B2/B5/B8
2G:GSM 850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz

NTTドコモ、au、ソフトバンクに対応

・SIMサイズ:デュアル nanoSIM

・Wi-Fi:IEEE 802.11 b/g/n (2.4GHz)

・Bluetooth:5.0

・位置測位:GPS, A-GPS

・USB:Type-C USB 2.0

・3.5 mm イヤフォンジャック:対応

・バッテリー:5,000mAh(内蔵式) 10W急速充電対応

・生体認証:指紋

・対応センサー:指紋認証、加速度計、近接センサー、環境照度センサー

・防水・防塵:非対応、撥水コーティング

・色:タヒチブルー、コーラルレッド

・価格:16,800円(税込)

moto e7 power の特徴

5,000 mAh(10W急速充電対応) 大容量バッテリー、チップセットにMediaTek製のHelio G25、メモリに2GB RAM、32GBストレージを搭載しています。

Android 10を搭載し、5,000 mAhのバッテリーを搭載していますので、バッテリー切れの心配はほとんどなさそうですね。

コスパも非常に高く、日本での発売価格は約16,800円になります。

3.5mm イヤフォンジャックも搭載されていますので、安心して利用できそうです。

ディスプレイサイズやバッテリー容量を考慮すると、重量は200g意外と重すぎず、使いやすそうな印象です。

回線はNTTドコモ、au、ソフトバンクに対応しています。

カラーはタヒチブルー、コーラルレッドになっており、カジュアルな印象を受けます。

16,800円でType-C対応、5,000mAhバッテリーは魅力ではないでしょうか!

Source: Motorola: moto e7 power

今回もご覧いただきましてありがとうございました。

格安SIM選びにお悩みの皆さん。おすすめの格安SIMをご紹介します。

ドコモ回線老舗プロバイダー「OCNモバイルONE」

■ KDDI系プロバイダー「BIGLOBEモバイル」(ドコモ回線対応)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA