AQUOS sense6が楽天モバイルからも登場

みなさんこんにちは。

いよいよ楽天モバイルからもAQUOS sense6が発売されることになりました。価格は39,800円(税込)です。

AQUOS senseシリーズもついに6まで到達したのですね。AQUOS senseのころからすると、5G通信にも対応し、eSIM採用などとても進化した印象です。

それではスペックなどを見ていきたいと思います!

AQUOS sense6 スペック情報

画像は楽天モバイルより参照

製品名 AQUOS sense6
ライトカッパー / シルバー / ブラック
サイズ 約152 x 約70 x 約7.9 (mm)
重量 約156g
ディスプレイ 約6.1インチ / IGZO OLED、解像度2,432 × 1,080(FHD+)
CPU Snapdragon 690 5G(オクタコア 2GHz + 1.7GHz)
メモリ 4GB (RAM) / 64GB (ROM)
メインカメラ 約4,800万画素 (標準) + 約800万画素 (広角) + 約800万画素 (望遠)
フロントカメラ 約800万画素
バッテリー 4,570mAh
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
SIM nanoSIM / eSIM
VoLTE ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイル対応
防水防塵 IPX5 ・ IPX8 / IP6X
NFC、おサイフケータイ 対応 / 対応
付属品 クイックスタートガイド×1 / クイックスイッチアダプター×1

AQUOS senseシリーズはAQUOS sense5Gから、5Gに対応しています。

スペック的には、AQUOS sense5Gから、それほど変わりがないように見えますが、ディスプレイには、IGZO OLEDを採用しており、こちらはAQUOS sense5Gからの進化となっています。

また、通信面では、5Gの対応はsense5Gから変わりませんが、eSIMにも対応するようになっています。

CPUではSnapdragon 690 5Gを採用、メモリはRAM 4GB+ROM 64GBを採用している点では、AQUOS sense5Gと同じ構成になっています。

AQUOS sense6は誰にお勧め?魅力は?

チップセットはハイエンドではありませんので、ゲームをバリバリやるユーザー向けではありませんね。

一方、数年前のキャリアスマホを使っていたから乗り換えるユーザーには満足いくスペックだと思います。

AQUOSはバッテリー持ちが良いことでも知られていますが、今回4,570mAhの大容量バッテリーを採用していますので、面倒な充電を毎日したくない!といったユーザーには重宝するのではないでしょうか?

また、「eSIM」に対応しているAQUOS sense6は、楽天モバイル以外でも、ahamo、povoやLINEMOなどでも利用できます。

万が一、楽天モバイルを解約しても、すぐにまたキャリアを乗り換えることも可能になっています。

個人的には、5G対応で「OLED液晶」と「eSIM対応」がこのAQUOS sense6の魅力だと思います!

eSIM採用端末が、ますます増えることに期待しています。(笑)

今回楽天モバイルからの発売となりましたが、SIMフリーでのオープンマーケットへの搭乗にも期待したいですね。

ご覧いただき、ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です