みなさんこんにちは。

今日は格安SIMのLIBMOがセールを開催していますので、紹介したいと思います。

LIBMOとは?

LIBMO(リブモ)は静岡県静岡市葵区に本社を置く、通信事業者、株式会社TOKAIコミュニケーションズが運営する、格安SIMのブランドです。

ドコモ回線を利用している通信事業者のため、通信エリアも問題なく、安心して利用できる格安SIMです。

LIBMOは格安SIMながら、通信速度に不満のあるユーザーは少なく、92.8%が速度に不便さを感じていないというアンケート結果が出ています。(LIBMOによる2020年9月の調査結果)

出典 LIBMOホームページより

LIBMOのセール概要

そんなLIBMOですが、2021年12月22日より、「スマホ大特価セール」を実施しています。

なんとMotorola moto e7 が1円、AQUOS sense4 が9,900円(税込)で発売中です。

簡単にスペックのおさらいをしたいと思います!

moto e7スペック

出典 LIBMOウェブサイト

OS:Android 10

CPU:MediaTek Helio G25

カメラ:4,800万画素+200万画素

インカメラ:500万画素

バッテリー:4,000mAh

メモリ:4GB/64GB

画面サイズ:6.5インチ

重量:約180g

サイズ:164.93mm*75.73mm*8.89mm

SIMサイズ:nano x 2

VoLTE:DSDV対応

おサイフケータイ、NFC:非対応、非対応

防水、防塵:非対応

生体認証:指紋認証

AQUOS sense4

出典 LIBMOホームページ

OS:Android 10後にAndroid 11にアップデート

CPU:Snapdragon 720G

カメラ:1,200万画素+1,200万画素+800万画素

インカメラ:800万画素

バッテリー:4,570mAh

メモリ:4GB/64GB

画面サイズ:5.8インチ

重量:約177g

サイズ:148mm*71mm*8.9mm

SIMサイズ:nano x 2

VoLTE:DSDV対応

おサイフケータイ、NFC:対応、対応

防水、防塵:対応

生体認証:指紋、顔


9,899円の差も大きいですが、コンパクトさ、おサイフケータイ、NFC対応、防水防塵対応のメリットもとっても大きいです。

マイナンバーカードの読み取りなどでも利用したいので、ぜひ、NFCに対応したスマートフォンを選ぶべきかなと私は思ってます。

搭載しているCPUについても、AQUOS sense4に軍配が上がります。

などなど、個人的なおすすめをついついお話してしまいました。

月額料金

LIBMOの料金体系をご紹介します。

LIBMOでは、1GB、5GB、20GB、30GBから容量のプランを選ぶことができます。

 

なっとくプラン(ライト)200kbps無制限:1,078円(税込)

なっとくプラン(1GB):1,078円(税込)

なっとくプラン(5GB):1,518円(税込)

なっとくプラン(20GB):1,991円(税込)

なっとくプラン(30GB):2,782円(税込)

 

初期費用

通常SIM1枚につき、3,300円(税込)が発生しますが、現在、初期費用0円キャンペーンが実施されています。

太っ腹ですね。

解除料

音声通話機能付きSIMカードは、1年以内の解約で、10,450円(税込)が発生します。

この点は注意しておきましょう。

リチャージにも対応

データ容量がなくなったときに、1GB 330円(税込)で、チャージを申し込むことができます。価格もお得でいいですね。

通話料/SMS送信料

30秒22円、SMS送信料は1メッセージ3.3円です。


さて、今回はLIBMOの端末セットキャンペーンと、料金体系についてご紹介しました。

この冬、スマホの料金を見直したいユーザーにぜひおすすめのこのキャンペーンをうまく活用して、スマホとSIMを賢く乗り換えてみてはいかがでしょうか?!

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA