Alldocube iPlay 7T

中華タブレットALLDOCUBE iPlay 7TのSIMカード、micro SDカードスロットについて

2020年4月4日

みなさんこんにちは。
ALLDOCUBE iPlay 7Tは、Wi-Fiだけでなく、SIMカードでの通信に対応しています。
今回は、ALLDOCUBE iPlay 7TのSIMスロット、SDカードスロットについて紹介します。

SIMのサイズは?技適には対応している?

まず、残念ながら技適には対応していません。
ですので、利用はみなさんの判断でお願いします。

SIMカードのサイズはmicro SIM x 2です。

SIMスロットの外観

トレイ式ではなく、カバーを外してSIMをセットするタイプのスロットです。
SIMスロットは先ほどの紹介どおり、micro SIM x 2となります。
リアカメラを挟んで、micro SDのスロットが配置されています。

SIMを試してみました

NTTドコモと楽天モバイル(ドコモ)を入れて試してみました。

ついでにmicro SDも入れてみました。

SIMをセットする前には電源をOFFにする必要があります。

▼こちらの写真の向きでSIMをセットします。



最後にちゃんとカーバーを閉めましょう。

カバーはWi-Fiのアンテナの役割をしています。

取り付けたら電源を入れます。

起動後にアンテナのアイコンを見てみると、デュアル4Gでの待受けに対応しているようです。

なるほど、SpreadtrumのSC9832Eは、デュアル4Gに対応してるんですね。

技適は対応していませんが、デュアル4G待受け可能な7インチタブレットです。気になった皆さんはぜひチェックしてみてください。

1万円未満で買えるAndroid 9搭載タブレット


ご覧いただきまして、ありがとうございました。m(_ _)m

-Alldocube iPlay 7T

Copyright© takasam.net , 2020 All Rights Reserved.