海外モバイル関連

Samsung Galaxy Note20 Ultra 5GのBOMコストは550ドルとアナリストの見積り

Counterpoint Researchは、Galaxy Note20 Ultra 5GのBOM(部品と組み立てにかかるコスト)リストを公開し、合計のコストは550ドル未満になることがわかりました。部品のみのコストは約468ドルとなります。

Image: Counterpoint

残りのコストは組み立てとテスト、アクセサリや販売に必要なものの値段になります。

小売価格は1,300ドルになります。(割引、下取り適用前の価格)

リサーチ会社によると、ミリ波に対応したモデルは、sub-6対応モデルと比較し、10%コストが上がります。

ミリ波に対応したモデルはQualcomm Snapdragon 865+、X55モデムを搭載しています。

Snapdragon バージョンは、全体の40%がQualcommへのコストであり、50%がサムスンのコストになります。

Image: Counterpoint

サムスンは、前世代のフラッグシップモデルと比較して非常に薄くて軽い筐体をデザインし、競争力のあるBOM構造で、高度なテクノロジーと部品の設計、製造、統合において優れた仕事をしてきました。

総BOMコスト実績は550ドル弱で、部品コストは約468ドルです。これは、定価が1299ドルの端末にとって称賛に値すると、Counter Point ResearchのシニアアナリストEthan Qiは述べています。

Source: Samsung Galaxy Note20 Ultra 5G BoM is $550, analysts estimate

今回もご覧いただきましてありがとうございました。

-海外モバイル関連

Copyright© takasam.net , 2020 All Rights Reserved.