海外モバイル関連

スマートフォン市場は2022年まで回復できないかもしれない

・IDCの予測によると、スマートフォン市場の回復は、2022年頃まで起こらないとしています。

・成長は2021年まで戻らないとしています。

・5Gの発展が需要の回復に拍車をかける可能性があります。

COVID-19の流行がスマートフォン市場に打撃を与えています。市場が完全に回復するには、少なくとも1年以上はかかる可能性があります。

IDCのアナリストによると、COVID-19の感染拡大前のレベルまで、2022年まで回復しないと見込んでいます。研究者の予測では、2021年には前年比9%の増加で成長が回復するとしています。

しかしながら、これは2020年に市場が9.5%縮小するという厳しい市場状況によるものです。

・スマートフォン市場の回復にはしばらくかかりそう

業界は2020年に停滞が終了するとみていましたが、COVID-19の影響が多くの国に現れ、第二四半期の出荷は17%減少したとされています。

アナリストによると、少なくとも企業が価格を下げる限り、5Gの発展が需要回復の鍵になるとしています。

5Gのスマートフォンは、2023年までに、市場全体の50%まで到達すると、IDCは予測しています。

需要はローエンドはミッドレンジのLTEスマートフォンが大半である、発展途上国においても回復するとみています。

IDCはスマートフォンは依然として、最も最適なコンピューティングプラットフォームと見ています。

COVID-19の流行が落ち着くのがいつになるかわかりませんので、長期化することにより回復が遅れる可能性があります。

それでも、これらの予測は、企業が安全よりも限界にチャレンジし、市場を通常に戻すためのきっかけを与えてくれています。

Source: Phone market might not bounce back until 2022

今回もご覧いただきましてありがとうございました。

 

 

-海外モバイル関連

Copyright© takasam.net , 2020 All Rights Reserved.