Blackview BV5900

Blackview BV5900でいろいろなSIMカードを試してみました

2020年2月21日

みなさんこんにちは。TAKAです。

今回はBlackview BV5900でいろいろなSIMを試してみましたので、結果を紹介します。

試したすべてのSIMでVoLTE通話とデータ通信が可能でした。

試したSIMカード

写真のSIMカードをすべて試しました。
試したSIMカードは、次のSIMカードです。
OCNモバイルONE(新コース)
楽天モバイル(ドコモ回線)
NTTドコモ(SPモード)
Ymobile
SOftbank(F)
BIGLOBE(タイプA au回線)

OCNモバイルONE(新コース)

最初のSIMなので、発着信画面とともに紹介します。

OCNモバイルONE(新コース)を利用するためには、APNの設定が必要になります。

APNの設定項目は次の通りです。

項目 内容
名前 ocn(任意)
APN lte.ocn.ne.jp
ユーザー名 mobileid@ocn
パスワード mobile
認証タイプ CHAP

APN設定画面です。

設定後は登録したAPNを選択します。

データ通信も問題なくできています。

通話を試してみました

まずは発信から・・・
大丈夫ですね。

続いて着信を確認します。

通話も問題ありませんでした。

結果
データ通信、通話ともに問題ありませんでした。
通話はVoLTE通話可能です。

楽天モバイル(ドコモ回線)

楽天モバイル(ドコモ回線)を利用するためには、APNの設定が必要になります。

APNの設定項目は次の通りです。

項目 内容
名前 rakuten(任意)
APN rmobile.jp
ユーザー名 user
パスワード 0000
認証タイプ PAPまたはCHAP

APN設定画面です。

設定後は登録したAPNを選択します。

結果
データ通信、通話ともに問題ありませんでした。
通話はVoLTE通話可能です。

NTTドコモ(SPモード)

こちらの画面の通り、APNがプリセットされていますので、SIMカードを入れるとすぐに使えます。

通話時のスクリーンショットです。

結果
データ通信、通話ともに問題ありませんでした。
通話はVoLTE通話可能です。

Ymobile

YmobileもAPNがプリセットされていますので、SIMを入れればすぐに使えます。

通話を試してみました

ドコモ系の回線と同様に、ソフトバンク系格安SIMのYmobileでも、VoLTE通話ができました。

ソフトバンク(F)

ソフトバンクの他社製品でも利用可能なSIMカード、SoftBank(F)のカードです。
APNはplus.4gというAPNですが、こちらのAPNもプリセットされていました。

通話を試してみました

こちらが本家なので、Ymobileができていてれば当然できているという理論ですが、念のために確認しました。

結果
データ通信、通話ともに問題ありませんでした。
通話はVoLTE通話可能です。

BIGLOBE(タイプA au回線) VoLTE回線

対応バンドがBand 1のみになってしまいますので、あまりおすすめできませんが、一応au回線でも利用できます。

BIGLOBE(タイプA au回線)を利用するためには、APNの設定が必要になります。

APNの設定項目は次の通りです。

項目 内容
名前 biglobe(任意)
APN biglobe.jp
ユーザー名 user
パスワード 0000
認証タイプ PAPまたはCHAP

APN設定画面です。

設定後は登録したAPNを選択します。

Cellinfoというアプリを使い、見てみましたところ、他のキャリアと比較すると受信感度が弱めです。

通話を試してみました

一応問題なく、発着信、通話ができました。

結果
データ通信、通話ともに問題ありませんでした。
通話はVoLTE通話可能です。
ただし、Band 1のみの対応となるため、場所によっては圏外になることもあります。
着信できないリスクもありますので、あまりおすすめはできません。

デュアルSIMでの利用もチェック!

デュアルSIM対応機ですので、デュアルSIMでの待受けを試してみました。

利用したSIMは、BIGLOBE(タイプA au回線)とOCNモバイルONE(新コース)です。

使えるSIMカードの検証で、APNはすべて設定済みの状態でした。

デフォルトはSIM1が優先されていますが、用途に応じてSIM1とSIM2を切り替えることができます。

ノッチのせいできれいに見えていませんが、ステータスバーを引き下ろすと、アンテナピクトが2つ点灯しており、2枚のSIMで待受けできていることが確認できます。

すぐにインターネットに繋がらない時は?

機内モードをON/OFFしてみてください。
機内モードから復帰後に通信が可能になります。

まとめ

ドコモ系、ソフトバンク系、au(KDDI)系すべての回線でデータ通信、VoLTEが利用できました。
データ通信が途中で切れるなどの不具合もなく、安心して使えそうです。

ただし、au系の回線は対応バンドがBand 1のみになりますので、圏外になる可能性もあるということを認識ください。

最後に、対応バンドから見た、回線の接続性について、表にまとめてみます。

回線 接続性
ソフトバンク系(Ymobile)
ドコモ系
au(KDDI)系

Blackview BV5900をご利用いただく場合は、ソフトバンク系またはドコモ系がオススメです。


今回はBlackview BV5900で手持ちのSIMカードが使えるか試してみました。
今回もご覧いただきましてありがとうございました。(*´▽`*)

タフスマホBlackview BV5900が気になった皆さん、現在16,000 ~ 19,000円程度でお買い求めいただけます!
ぜひご覧ください。

-Blackview BV5900

Copyright© takasam.net , 2020 All Rights Reserved.